欲情の一線のネタバレと感想!無料試し読みやあらすじもあり


この記事は約 6 分で読めます。



青山りさ先生の作品の欲情の一線。

 

彼氏いない暦イコール年齢の川相希世は高校時代からの
腐れ縁である浅見和志に5年越しの片思いをしていました。

 

しかしどうしても素直になれない希世は
浅見とのやり取りで自分が恋愛対象外の女友達という
立場から抜け出せないことを自覚していました。

 

友達との飲み会の席でも浅見からは色気を感じないと
はっきりと言われてしまい自分にまったく
チャンスがないことを自覚していた希世。

 

ですがある日突然、別の男性から告白をされてしまい
その現場には偶然浅見がいて――・・・。

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク… お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【欲情の一線】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

欲情の一線を無料で立ち読み

 

欲情の一線のあらすじは?

 

高校時代からの腐れ縁の浅見和志に片思いをしている川相希世は
片思いのせいなのか彼氏が出来たことがありません。

 

素直になりたくてもどうしても素直になれなくて
恋愛対象外の女友達という立場から
抜け出せないでいることに悩みを感じていました。

 

そんなあるとき飲み会の席で希世に彼氏が
未だにできていないことが話題に上がり
友達から浅見と付き合えばいいと言われてしまうのですが
残念なことに浅見からは女性として
見ていないとはっきりと言われてしまいます。

 

欲情の一線
欲情の一線

 

飲み会の帰り道に終電を逃してしまった浅見を
なんでもないことのように一人暮らしのアパートに招く希世。
本当は浅見のことを意識していたのですが・・・。

 

次の日、突然別の男の人から告白をされてしまった希世は
告白をされてしまった現場を偶然浅見に目撃されてしまいます。

 

浅見に相談してみると浅見の口から出た言葉は
希世の欲しかった言葉とは正反対の言葉で・・・。

 

希世は浅見への当てつけのように告白を受け入れてしまって――!!

 

欲情の一線を読んでみる

 

サイト内より【欲情の一線】と検索。

 

欲情の一線のネタバレとその後の展開は?

 

本当は告白を断るつもりでいた希世でしたが
いつもとかわらない浅見の態度に苛立ってしまい
当てつけのように付き合ってしまった希世。

 

そんな希世は友達との飲み会の帰りに
再び終電を逃してしまった浅見をアパートに泊めるのです。

 

すると無防備に男友達を部屋に招く希世の態度に
なぜか苛立った様子の浅見が男の顔をして希世に迫ってきて・・・。

 

結局、浅見は何もすることなくいつもどおりに寝て帰ってしまい
乱された気持ちのままで数日を過ごした希世は
いよいよ彼氏との初めてのドライブにいく日に・・・。

 

欲情の一線
欲情の一線

 

このまま彼氏とドライブに行き
浅見に迫られたときのようになってしまったら・・・。

 

そんな不安が頭をよぎったとき希世の中で
許せる男性はどうしても浅見しかいなくて・・・。

 

浅見のことがどうしても頭から離れない希世は
彼氏とのドライブデートを断ろうとするのですがそこへ浅見が現れて
希世の手を引いて彼氏から引き離してしまったのです。

 

結局、希世が浅見のことを好きだということは
浅見にはバレていたようでやっと希世は素直な気持ちで
浅見に自分の気持ちを伝えることが出来たのです。

 

やっと恋人同士になった希世と浅見。
やっぱり今までと変わらないものでしたが
一緒にいる時間はどうやら変化しているようで・・・。

 

欲情の一線を試し読みしてみる

 

サイト内より【欲情の一線】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

欲情の一線の感想は?

 

本作全5作品の短編集になっていて私のおすすめの作品です。

 

高校生から片思いをしていた希世でしたが浅見に何度も
新しい彼女が出来るたびに悲しい思いをしていました。

 

それでも平気なフリをしてずっと一緒にいた希世は
やっと一番好きな浅見と結ばれることが出来たのです。

 

欲情の一線
欲情の一線

 

作品の構成はやはり王道のパターンでしたが
そっけない浅見の性格がとても希世の心を乱していて
全体的に胸が苦しくなる作品になっていたので
私的には浅見が希世を連れ出してくれたシーンが
引き立っていたのではないかと思います。

 

王道ですがやはりキャラクターが少しでも違えば楽しめますので
おすすめの作品として紹介させていただきました。

 

若干ですが性的なシーンがありますので
苦手な方にはあまりおすすめは出来ないのですが
特に性的なシーンに抵抗がない方には
本当におすすめの作品になりますので
興味のある方は是非、読んでみてください。

 

欲情の一線を読んでみるならこちら

 

サイト内より【欲情の一線】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
幼馴染はもうやめた。 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です