恋とムチのネタバレと感想に結末!無料試し読みやあらすじもあり


この記事は約 6 分で読めます。



青山りさ先生の作品の恋とムチ。

 

春に新卒入社をしたばかりの黒沢は入社一ヶ月で
伝票の出し方や電話の転送の仕方で
未だに躓くくらい失敗ばかりの残念な女の子。

 

そしてそんな残念な黒沢を指導してくれる
上司の風見は社内でも評判のドSと名高い人。

 

物覚えの悪い自分に丁寧に教えてくれる風見に認めてもらうため
がんばろうとする黒沢でしたが風見が黒沢の傍を離れた途端に
同僚にミスをしたという言いがかりを付けられてしまって・・・。

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク… お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【恋とムチ】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

恋とムチを無料で立ち読み

 

恋とムチのあらすじは?

 

新卒で入社したばかりの黒沢は今までアルバイトすら
したことがなかった箱入りのお嬢さんでしたが
あまりにもトロイ性格のためか入社して一ヶ月経った今でも
まともに仕事を覚えることができない問題児。

 

そんな黒沢の教育係の風見は社内でも有名なドS主任で
黒沢は毎日しごかれていました。

 

あるとき風見が席を離れた途端に同僚から見積もりの金額を
ミスしたという言いがかりを付けられてしまった黒沢。

 

恋とムチ
恋とムチ

 

対処法が全く分からずに困惑しているところを
戻ってきた風見に助けられ自分が毎日意味もなく
叱られているわけではないことに気がつくのです。

 

そして黒沢は風見に認めてもらえるようになりたいと考え
必死に仕事をがんばるように・・・。

 

仕事をがんばるうちに風見から叱られることも
苦痛に感じないほど風見のことを好きになってしまっている
自分に気がついてしまって・・・。

 

恋とムチを読んでみる

 

サイト内より【恋とムチ】と検索。

 

恋とムチのネタバレとその後の展開は?

 

ある日、風見にFAXをお願いされた黒沢は
同じ部署の男性に声を掛けられるのですが
黒沢がミスをしていないか
様子を見に来た風見に目撃されてしまいます。

 

残業中に仕事内容のチェックをしてもらいに
風見の元を訪れる黒沢ですが風見の機嫌が
なぜかあまり良くないことを感じ取ります。

 

そしていつもより少しだけ苛立った風見に
腕を引かれて体を引き寄せられてしまい
残業になるのは風見と2人きりになりたいからなのかと
誤解をされてしまうのです。

 

恋とムチ
恋とムチ

 

そんな風見に少しだけ混乱してしまう黒沢ですが
オドオドしている黒沢の様子を見た風見は冗談だと言い放ち
そんな態度で男の前に立つなと釘を刺されてしまいます。

 

そしていつもとは違う男性の顔をした風見に
迫られてしまう黒沢には風見を拒否をすることが出来なくて
キスをされてしまうのです。

 

抵抗などするはずもなく黒沢は風見の行動の意味を理解すると
自分の気持ちを風見に伝えて二人は結ばれるのでした。

 

しかしその後もどうしてもミスの多い黒沢はいつもどおり
風見に叱られてばかりの日々を送ることになり・・・。

 

恋とムチを試し読みしてみる

 

サイト内より【恋とムチ】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

恋とムチの感想は?

 

本作は全5作品の短編が収録された短編集で
どの作品でも胸が少しだけ苦しくなるような内容のお話しが
盛りだくさんのおすすめの一冊になっています。

 

中でも黒沢と風見の恋のお話は
風見のちょっと強引でダークな一面がとても素敵で
個人的にとてもおすすめの作品でした。

 

せっかく楽しみにして社会に出た黒沢ですが
いままで自分の人生の中で社会に接する機会がなかったためか
会社ではミスばかりしてしまい
教育係の風見の手をいつも煩わせてしまいます。

 

しかし風見は黒沢を頭ごなしに怒鳴りつけることはせずに
いつもやり方を丁寧に教えてくれて
叱った後に必ず対処法を教えてくれる良い上司でした。

 

恋とムチ
恋とムチ

 

私的には風見は既に黒沢のことを可愛く思っていて
丁寧に接していたのではないかと思いながら読んでいましたが
実際はどうなのかはわかりません。

 

残念なところは展開がちょっと急すぎて風見が黒沢に
迫らなければいけない理由が
ちょっと弱いかなと感じてしまうところでした。

 

もう少し同僚に口説かれていたというシーンを濃くしてもらえれば
疑問を持たずに読みきることができたのかもしれません。

 

困ったことに風見の発言が少し赤裸々すぎてしまい
全ての人におすすめですとは言えないのですが
特に抵抗がない方には絶対に読んでいただきたい作品ですので
興味のある方は是非この作品を読んでみてください。

 

恋とムチを読んでみるならこちら

 

サイト内より【恋とムチ】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
幼馴染はもうやめた。 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です