好みじゃなかとのネタバレや感想!無料試し読みやあらすじもあり


この記事は約 6 分で読めます。



見多ほむろ先生の作品の好みじゃなかと。

 

倒れた父に代わり九州にある実家の工場で
社長代理を務めることになった幸典。

 

右も左も分からない幸典が父に頼るよう言われたのは工場長の槇。

 

髭面で無愛想で手荒いけれど優しく世話を焼いてくれる槇と
自分なりに仕事を頑張っていくそれでいてちょっと
色っぽい幸典が徐々に心を通わせていき――。

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク… お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【好みじゃなかと】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

好みじゃなかとを無料で立ち読み

 

好みじゃなかとのあらすじは?

 

東京で働く幸典。

 

父が倒れ父が経営する福岡にある小さな溶接工場の
手伝いを頼まれ福岡にやって来ました。

 

全く興味もない知識もない溶接の仕事。

 

社長代理としているだけでいいと言われ来てはみましたが
事務員も営業もいないいるのは職人だけであとは全て父が1人で
やっていたという状態の会社に右も左もわからない幸典は困り果てます。

 

職人達は東京から来た幸典を社長気取りの
世間知らずの坊ちゃんと煙たがります。

 

ですが困った幸典は父に唯一頼るように言われた
工場長の槇に頼ることにします。

 

髭面で無愛想で手荒いけれど仕事ができて
面倒見もよく社員の皆に慕われている槇。

 

父である社長を捨て東京へ出て行った幸典を突然戻ってきて
社長の座を狙っていると誤解し煙たがる若い社員達と
父の代理で少しの間いるだけだしどうせすぐ東京に帰るしと
会社になじもうとしない幸典の間を取り持とうとみんなで行きつけの風俗に行きます。

 

好みじゃなかと
好みじゃなかと

 

幸典は付いてくれた女の子に自分はゲイだから
1人にしてくれていいと言います。

 

そしてなんと彼女は同じ種類の人だよと
槇を連れて来て2人きりにして出て行きます。

 

幸典と槇はビックリするし気まずい・・・。

 

ところが槇は60分暇だし色々揃ってるし
慣れない仕事でたまってるだろうと幸典を押し倒します。

 

「もの好きそうな顔してしらばっくれるな、
あんた絶対、逃げつつも犯されたい口たい」

 

幸典は抵抗しますが槇にそう言われさらに迫られて・・・!?

 

好みじゃなかとを読んでみる

 

サイト内より【好みじゃなかと】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

好みじゃなかとのネタバレとその後の展開は?

 

風俗でお互いゲイだと知った幸典と槇。

 

迫り続ける槇に幸典は昔のトラウマが甦ってきて槇を突き飛ばします。

 

処理でしかないにしても好みってものがあると気分を悪くして
吐いてしまう幸典を見て槇は少しショックを受けます。

 

そんな時、若い職人がミスをして騒ぎに。

 

槇のリードで職人総出で作業をし幸典もわからないなりにも
自分に出来ることを考えてみろという
槇のひと言で自分なりにフォローに努めます。

 

無事に納品も済んで幸典は改めて仕事も出来て社員からも
信頼の厚い何より「好みじゃない」なんてヒドイ事言ったのに
優しくしてくれる槇を意識している自分に気付きます。

 

好みじゃなかと
好みじゃなかと

 

そんなある日、幸典がドアに頭をぶつけてメガネを割ってしまいます。

 

メガネが無いと何もできない幸典に、槇はこう言います。

 

「家に泊まって世話をしてやる、
好みじゃなくて気持ち悪くても1日位我慢しろ」

 

幸典は改めてその発言に謝罪し昔、若くて力のある男に無理矢理襲われてから
年配の人じゃなきゃダメなんだとトラウマになった原因を話します。

 

槇は「好みじゃない」と言った事の意味はわかった事
社長が本当は幸典に会社を継いで欲しい事
幸典も父の力になりたいと思っているんだろう?と幸典に話します。

 

そして俺が全力で支えるから帰って来いと幸典への気持ちを伝えます。

 

好みじゃなかとを試し読みしてみる

 

サイト内より【好みじゃなかと】と検索。

 

好みじゃなかとの感想は?

 

幸典のトラウマの理由はいいとしてだから年配の人じゃなきゃダメというのは
槇と一緒に「・・・は?」ってなりましたけど受けの幸典が可愛すぎる受けじゃなくて
ちょっとクールでちょっと色っぽくてエロの時は大変エロいっていう素敵な男の子でした。

 

槇さんの影響で、仕事も自分なりに頑張ろうとする姿勢も好感が持てます。

 

「幸典がいてくれたら俺のテンションがあがるから
会社の売上も伸びると思う。俺はあんたが好みやけん」

 

槇さんのこのセリフがキュン!としました。

 

幸典に「好みじゃない」って言われた事に
引っかけてるのもいいしこれを言われたら嬉しいよね幸典。

 

好みじゃなかと
好みじゃなかと

 

そしてそのままエッチになだれ込むのですが
幸典のトラウマに配慮していちいち
「触ってもよか?」「舐めてもよか?」と
聞いてくるところがまたエロくて大変いいです。

 

最後に2ケ月後のお話が読めるのですが
まだ福岡に行ってなかったんだ?って思いましたけど
とにかく幸典がエロくて大変いいです。

 

好みじゃなかとを読んでみるならこちら

 

サイト内より【好みじゃなかと】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です