快楽箱庭のネタバレと結末に感想!無料試し読みやあらすじもあり


この記事は約 6 分で読めます。



冬森雪湖先生の作品の快楽箱庭。

 

両親の借金が原因で住み込みの家政婦という名目で
体を買われたあかりは屋敷の主人である雅と誠一の
愛人として生活をすることになるのですが・・・。

 

その生活はあかりが思っていた生活とはまったく違うものでした。

 

綺麗なドレスを与えられ豪華な部屋を用意してもらった
あかりの仕事はただひとつ
3年間だけ愛情のないセックスに耐えるだけ。

 

けれどそれは雅とのセックスだけではなくて・・・。

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク… お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【快楽箱庭】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

快楽箱庭を無料で立ち読み

 

快楽箱庭のあらすじは?

 

3年間、住み込みの家政婦として働けば5千万も貰えると言われて
大きな屋敷の主人の愛人になることを選んだあかり。

 

屋敷の中で主である雅に気に入られて素敵なドレスや
豪華な部屋を貰うのですがもう一人の住人である誠一からは
強く拒絶されてしまい憂鬱な思いをすることになります。

 

しかしそれでも想像していた老人との体の関係でなかっただけ
マシだと思い雅に体を差し出すのですが雅はそんなあかりに
この屋敷で過ごすためのルールを言い渡します。

 

快楽箱庭
快楽箱庭

 

やっていいことは遊ぶこととセックスだけだと言われてしまうあかりは
屋敷の中にあるアミューズメントパークのような部屋に
とても驚きますがそこに本が一冊もないことに気がつきます。

 

はしゃいだ雅が明かりのひざの上で眠ってしまうと
しばらくして誠一が訪れて雅を起こすのですが
中途半端に眠っていた雅が急に叫びだしてしまって・・・。

 

快楽箱庭を読んでみる

 

サイト内より【快楽箱庭】と検索。

 

快楽箱庭のネタバレとその後の展開は?

 

パニックを起こしてしまった雅をなだめながら
寝室に連れて行った後、誠一に雅の具合を聞くあかりですが
誠一は屋敷から出て行けと再びあかりに言います。

 

借金のためはいえ体を差し出しているあかりは誠一の言葉に
言い返すことができず悔しくて涙を流してしまいます。

 

雅は正常な状態に戻るとうたたねをすると
怖い夢を見てしまうことをあかりに打ち明け
いつもどおり体を求められるあかりは
おとなしく雅に体を差し出すのです。

 

あからさまにモノ扱いをされるようになってから
あかりはこの異常な環境に身を任せるようになりました。

 

そして毎日外へ出て行く誠一が弁護士の卵だということを知り
雅が恐ろしくゲームのうまい男性であることを知りました。

 

快楽箱庭
快楽箱庭

 

あるときあかりは少しだけ扉の開いていた
誠一の部屋の中を偶然見てしまい
そこにたくさんの本があることに感動したあかりは
英文で書かれた新聞に興味を持つのですがそこへ部屋に戻ってきた
誠一に発見されてしまい逃げてしまいます。

 

夜、薄暗い小屋の中まで声を出すことを許されず
誠一に強引に連れて行かれたあかりは
そこで電子書籍端末と電子辞書を誠一から渡されます。

 

雅に見つからないようにしろと言われるのですが
どうしても口が悪くなってしまう誠一に
意地を張ってしまい拒否してしまいます。

 

しかし誠一ときちんと会話をして誠一のことを
少しだけ理解したあかりはその日から
誠一の存在を少しだけ意識してしまうのです。

 

電子端末と辞書のお礼がしたくて誠一を呼び出したあかりですが
突然、誠一に500万円を手渡され
すぐに屋敷を出るように言われてしまいます。

 

そして屋敷を出て行かなければならない
理由の説明を求めようとしても
何も教えてくれない誠一は金をもらえれば
雅である必要はないだろうとあかりを罵ってしまい・・・。

 

快楽箱庭を試し読みしてみる

 

サイト内より【快楽箱庭】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

快楽箱庭の感想は?

 

この作品は大きな屋敷の小さな世界だけで進んでいく箱庭の物語。

 

そして箱庭の主人は愛を知らないで育った天才雅で
誠一とあかりは雅に人権を買われて屋敷で生活することになるのです。

 

なにも考えずに雅に従っていれば
何も不自由などはなかったはずの箱庭。

 

ですが誠一とあかりには考えることを
やめることはできなかったのです。

 

快楽箱庭
快楽箱庭

 

雅についての説明はほとんどなく作中では
天才ということしかわかりませんでしたが
おそらく何かの実験を繰り返しされていたせいで
トラウマになってしまい悪夢を見て
パニックを起こしてしまうのではないでしょうか。

 

雅はとても無邪気で残酷な存在ですが誠一もあかりも
そんな雅のことを嫌いにはなれなくて・・・。

 

異常で少しだけ切ない3人の箱庭の物語に
興味がある方は是非読んでみてください。

 

快楽箱庭を読んでみるならこちら

 

サイト内より【快楽箱庭】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です