となりにケダモノのネタバレと感想!試し読みやあらすじも


この記事は約 6 分で読めます。



大和名瀬先生の作品のとなりにケダモノ。

 

7月7日・・・それは幼馴染たちの出会いの記念日。

 

幼馴染同士の不器用ながらもかわいい恋愛模様を描いた
ボーイズラブコミック。

 

なんでもできちゃうクールなイケメン・森×地味で優柔不断な
佳南人二人の恋の行く末は――!?

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク… お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

となりにケダモノのあらすじは?

 

7月7日・・・世間では七夕と呼ばれるこの日ですが
青年・佳南人にとってその日は特別な記念日でした。

 

20年前のこの日、佳南人は大切な幼馴染と出会いました。

 

部屋の中で向き合う平凡な青年と
イケメン青年・・・二人は幼馴染です。

 

平凡な青年・佳南人は幼馴染の出会いの記念日である
この日についに告げるのでした。

 

俺空良のことが好きなんだと・・・。

 

となりにケダモノ
となりにケダモノ

 

目の前に座る幼馴染、記念日に告白・・・
完璧で理想的なシチュエーションかと思われましたが
二人の雰囲気をぶち壊すかのように部屋に乱入者が現れます。

 

実は遅れてやってきたこの青年こそが戸野田空良
先ほどの佳南人の告白の相手だったのです。

 

佳南人、空良、そして先ほど告白を受けていた森
彼らは幼馴染だったのです。

 

幼い頃に行った近所の七夕まつりで
短冊に願い事が書けずにおろおろとする幼少期の佳南人
そんな彼を助けたのが森でした。

 

そこに空良も混ざり家も両隣だった三人は
性格も育った環境も全く違うものの仲良くなっていきます。

 

最初は純粋に幼馴染としてしかし佳南人は徐々に
一緒にいる時間の長い空良に対して特別な感情を抱いてしまい・・・。

 

となりにケダモノを読んでみる

 

サイト内より【となりにケダモノ】と検索。

 

となりにケダモノのネタバレとその後の展開は?

 

明るい性格の空良は中学時代
クラスでも人気者で常に周りに人が集まっていました。

 

しかし母子家庭である彼はこの頃
母親の体調が悪くなってきたことで佳南人には
少し弱気な部分を見せるようにもなっています。

 

そんな空良に対して佳南人は支えてあげたい抱きしめたいと
幼馴染以上の感情を抱くようになります。

 

今の関係を壊したくないと思いつつも
20周年の記念日であるこの日についに佳南人は
空良への想いを伝えることを決意します。

 

しかしそれは叶いませんでした。

 

佳南人が告白するよりも早く空良が
会わせたい相手がいると二人に紹介したのは
2年以上前から付き合っているという彼氏。

 

こうして佳南人の初恋は告白するよりも先に
砕け散ることとなってしまいます。

 

しかし彼の本当の波乱はここからでした。

 

となりにケダモノ
となりにケダモノ

 

佳南人が失恋したその日の夜、彼はもう一人の幼馴染である森から
「俺が忘れさせてやる」とキスをされてしまいます。

 

自分のことに必死で気づかなかった佳南人ですが
実は森は佳南人のことが好きだったのです。

 

佳南人が失恋したことにより森は今まで隠してきた
ケダモノの部分をあらわにし彼に迫りまくります。

 

平気でキスをしたり抱きしめたり挙句
押し倒したりしてくる森に佳南人は振り回されっぱなし。

 

失恋の傷もまだ癒えていないのにこんなのアリ!?

 

完璧なイケメンであるケダモノ・森の猛アタックから
果たして佳南人は逃れることはできるのか・・・!?

 

となりにケダモノを読んでみる

 

サイト内より【となりにケダモノ】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

となりにケダモノの感想は?

 

最初の見せ方が非常にうまくてうっかり騙されそうになりました。(笑)

 

あの感じだったら森を空良だと勘違いしちゃいますよね。

 

幼馴染三人組・・・ということで三角関係ものかと思いきや
空良くんはあっさりそのトライアングルから離脱しちゃいます。

 

佳南人の貞操の危機は度々ありますが
全体的にラブコメ調なのでエッチな描写は少な目です。

 

一見クールで隙のない森が佳南人に対して
色々と必死な姿は読んでいて面白かったです。

 

となりにケダモノ
となりにケダモノ

 

モテ男だろうにこの年まで佳南人のために
童貞を守っていた森がけなげすぎて途中からは
佳南人はもう折れてやれよ!と思ってしまいました。

 

となりにケダモノ・・・のタイトル通り確かに森は
グイグイくる感じでしたがケダモノというよりは犬・・・?
と私は途中から思ってしまいましたね。(笑)

 

三人の出会いそして佳南人が空良に魅かれていった
理由がわかる過去回想などもあり
ストーリーがしっかりつ作り込まれている印象でした。

 

幼少期の三人のエピソードやぷにぷにの姿がたまらなく可愛いです。

 

こういう昔話の描写をしっかりと描いてくれる
ボーイズラブ漫画ってあまりないので読んでいて新鮮でした。

 

イケメン×フツメン、幼馴染などの取り合わせの
ボーイズラブ漫画が好きな方は読んで損なしの一冊だと思います。

 

となりにケダモノを試し読みしてみるならこちら

 

サイト内より【となりにケダモノ】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です