おいたが過ぎるわ子猫ちゃんのネタバレと結末!無料試し読みやあらすじもあり


この記事は約 7 分で読めます。



緒川千世先生の作品のおいたが過ぎるわ子猫ちゃん。

 

女グセの悪い軽い男・越郎は高校生のはとこの
弓太にもちょっかいをかけていました。

 

そんな越郎が弓太をかばって怪我をしてしまい
弓太が住み込みで世話をする事になります。

 

長く2人で暮らすうちに気持ちが通ってくる2人。

 

ずっと一緒にいたい弓太と誰かとずっと
一緒にいることが不安な越郎の未来は――・・・?

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク… お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【おいたが過ぎるわ子猫ちゃん】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【作品名】を無料で立ち読み

 

おいたが過ぎるわ子猫ちゃんのあらすじは?

 

昭和の面影を残す町の築60年の木造二階建ての家に
1人で暮らしている35歳独身の越郎は
その古い家で書道教室をやっていました。

 

早くに両親を亡くした越郎を親戚も気にかけていましたが
女グセの悪い越郎ははとこの高校生の弓太にまで
ちょっかいをかけてくるちゃらんぽらんな男でした。

 

そんなある日、いつものように弓太を呼びつけこき使う越郎。

 

ちょっかいをかけてくる越郎と道路で
わちゃわちゃしていたら
バイクがやってきて弓太をかばった越郎が
右腕を怪我してしまいました。

 

責任を感じた弓太は越郎に何でもやると言いますが
日頃から越郎にエロい目で見られていた弓太は
貞操の危機を感じるのでした。

 

住み込みで世話をする事になった弓太。

 

普通に身の回りの世話をするだけ女の人もお見舞いに来て
デレデレしてるし襲ってもこないし
貞操の危機を感じていた弓太は拍子抜けしていました。

 

右腕の怪我も治ってお世話生活も終わろうとしていた
ある夜、書道部屋で墨をすっていた越郎に
弓太は越郎の本気はどこまでかと尋ねます。

 

おいたが過ぎるわ子猫ちゃん
おいたが過ぎるわ子猫ちゃん

 

弓太にちょっかいをかけていた事を冗談にしようと
そう思っていた越郎は弓太に尋ねられた事で本気で迫ります。

 

キスをし弓太の服を脱がそうとする越郎。

 

いよいよやばいと思い越郎を蹴りとばし・・・
肋骨骨折全治1カ月。

 

お世話生活が延びた弓太に越郎はもう遠慮しないと
毎晩のように手を出してくるようになります。

 

本当は何でも自分で出来てしまう独り暮らし生活の長い越郎。

 

料理も越郎の方が上手なのですが早くにお母さんを
亡くした越郎のために越郎の好物の豚の角煮を
作ってあげようと学校帰りに急いで帰ります。

 

ところがお見舞いに来た女の人が角煮を作っているのを見て
カッとして二階へ上がった弓太を追い
もしかして嫉妬かと尋ねキスをし体を触り始めた途端・・・
階段から落ちて右脚を怪我した越郎。

 

またまたお世話生活が延長したのでした。

 

おいたが過ぎるわ子猫ちゃんを読んでみる

 

サイト内より【おいたが過ぎるわ子猫ちゃん】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

おいたが過ぎるわ子猫ちゃんのネタバレとその後の展開は?

 

お世話生活を始めて3カ月
いよいよ書道教室を再開する事になった越郎。

 

深夜に1人で書道の腕慣らしをする
いつものヘラヘラしてる越郎とは違う越郎を見てから
越郎への気持ちが変わって来た弓太。

 

それだけじゃなく怪我が治ったら
また1人になってしまう越郎を
1人にしたくないと思うようになります。

 

怪我も治ってきて家に戻る日が近づいても
様子の変わらない越郎。

 

自分ばかりが離れるのは嫌だと思ってるのかと
何も言わない越郎に弓太は不安になります。

 

しびれを切らした弓太が越郎にこの家に俺は必要?
いらないなら出て行くよと言います。

 

弓太にまかせると自分の気持ちを
言わない越郎に怒りが湧く弓太。

 

おいたが過ぎるわ子猫ちゃん
おいたが過ぎるわ子猫ちゃん

 

15年前にお母さんを亡くし
その3年後にお父さんを亡くした越郎。

 

時間はかかったけどなんとか自力で
立ち直ってきた越郎は誰かをなくしたら
生きていけないような生き方はしないと答えます。

 

また大切な人を失うのが怖い越郎は
自分が傷つかないように深い付き合いを
避けて生きてきたのでした。

 

越郎の答えを聞いて飛び出した弓太。

 

その後弓太の兄から越郎に電話が入り
弓太が車にひかれて病院に運ばれたと言い
急いで病院へ向かいます。

 

待合室で兄の到着を待っていた打撲で済んだ
弓太を見つけホッとして泣き出す越郎。

 

先に死ぬなよと言う越郎に越郎を残して
死ぬわけないだろと答える弓太。

 

越郎はそんななんてことないひと言が嬉しくて安心し
そして2人は一緒に暮らし始めるのでした。

 

おいたが過ぎるわ子猫ちゃんを試し読みしてみる

 

サイト内より【おいたが過ぎるわ子猫ちゃん】と検索。

 

おいたが過ぎるわ子猫ちゃんの感想は?

 

ヘラヘラしていた越郎の本音がせつなかったですが
無邪気に越郎に懐いてきていた
子供だった弓太の存在が有り難かったんでしょうね。

 

それがいつの間にか別の大切な存在になって・・・。

 

中盤からエロシーンもスケールアップしてきて弓太はデロデロです。

 

おいたが過ぎるわ子猫ちゃん
おいたが過ぎるわ子猫ちゃん

 

最後には台所で立ったままのエッチをするようになってしまった
弓太を見て越郎に育てられてるんだなと思いました。

 

ひと回り以上年上ですもんね色々教えてくれるんでしょうね。

 

いつまでも仲良くして欲しいなと思いました。

 

おいたが過ぎるわ子猫ちゃんを読んでみるならこちら

 

サイト内より【おいたが過ぎるわ子猫ちゃん】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です