蜜獄カーストのネタバレと感想!無料試し読みやあらすじもあり


この記事は約 6 分で読めます。



都先生の作品の蜜獄カースト~檻の中、淫らに弄ばれ…~。

 

幼いときに父親を亡くした花音は父親の葬儀で出会った
金髪の少年の夢を見たその日に新しく通い始めた
私立SS学園に登校早々、とんでもないものを目にしてしまいます。

 

この学園の特進クラスにあるランク制度が元で起こる
とんでもない出来事に花音は
この日から巻き込まれることになってしまうのです。

 

特進クラスにだけ知られている謎の制度と
巻き込まれてしまった花音の運命は――?

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク… お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【蜜獄カースト】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

蜜獄カースト~檻の中、淫らに弄ばれ…~を無料で立ち読み

 

蜜獄カーストのあらすじは?

 

私立SS学園の特進クラスに転入することになった花音は
転入初日の朝に校内で迷子になります。

 

そこで複数の男子生徒に襲われている
女子生徒の姿を目撃してしまい
その場から逃げることも助けることも
出来ない状況に追い込まれてしまいます。

 

そこでキングと呼ばれる男子生徒に見つかってしまい
乱暴をされそうになりますがあまりの恐怖で意識を失ってしまい
次に目が覚めたときには保健室のベッドの上でした。

 

そこへタイミングよく保健室を訪れた担任の神崎に
強引にクラスに連れられてしまうのですが
そこで花音は信じられない制度を知ることになるのです。

 

蜜獄カースト~檻の中、淫らに弄ばれ…~
蜜獄カースト~檻の中、淫らに弄ばれ…~

 

その制度とは下のものが上のものに絶対に逆らえないというもの。

 

そして最下層に位置付けられているクイーンは
クラスの中の誰よりも下のランクであるために
好きに扱われてしまうというものでした。

 

転入してきた花音も例外ではなく
抽選でランクを決めることになるのですが
運がないことに早々にクイーンのランクを引いて
男子生徒に襲われそうになってしまい・・・。

 

蜜獄カーストを読んでみる

 

サイト内より【蜜獄カースト】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

蜜獄カーストのネタバレとその後の展開は?

 

次々に花音に手を出そうとする男子生徒たちですが
授業の遅れを取り戻す名目で
集中教育室に放り込まれてしまう花音。

 

そこで神崎から特別授業を受けることになってしまうのですが
それは普通の授業ではなくて・・・。

 

集中教育室に監禁されてしまい逃げ出せても
他の生徒たちの好きなようにされてしまう花音が
どうすることも出来ずに途方に暮れているとき
花音の前に現れたのはキングでした。

 

キングはめったに使われない
この教室に放り込まれた花音に興味を持ち
味見をするために来たのですが
途中で神崎にバレてしまい早々に立ち去ります。

 

そして神崎からランク制度の中でトップの筈の
キングも逆らえないプラチナのキングという
存在であることを教えられて
この力で花音を守ると約束してもらうのです。

 

蜜獄カースト~檻の中、淫らに弄ばれ…~
蜜獄カースト~檻の中、淫らに弄ばれ…~

 

けれどキングは神崎の手の届かないところで花音を弄びます。

 

命令に逆らえない花音はキングの言いなりになるしかなかったのですが
いち早く気がついた神崎の手により再び花音は救われるのです。

 

けれど我慢が出来なくなった神崎は
理事長の息子であるキングのことを殴ってしまい
二人は理事長室に行かなければならなくなって・・・。

 

花音は退学処分になり神崎は懲戒免職に追い込まれますが
そこで何故か神崎は花音の腕を引いて
理事長が就任してから一度も開けられなかった扉を開き
そこに隠された真実を花音に伝え・・・。

 

蜜獄カーストを試し読みしてみる

 

サイト内より【蜜獄カースト】と検索。

 

蜜獄カーストの感想は?

 

はじめから勢いのある作品で一気に読み上げてしまいました。

 

この作品は幼い頃に出会った花音と神崎が再び出会い
花音の父が残した大切なものを花音に渡すお話。

 

しかしこの学園の特進クラスのランク制度には
恐ろしいものを感じます。

 

なぜ今の理事長はこんな制度に変えてしまったのか・・・。

 

息子のわがままを聞いていただけなのか
それとも自分の欲を満たすためだけにやった事なのか・・・。

 

蜜獄カースト~檻の中、淫らに弄ばれ…~
蜜獄カースト~檻の中、淫らに弄ばれ…~

 

とにもかくにも花音の相手が神崎で本当によかったです。

 

神埼なのですが私的にはメガネの黒髪教師という設定に
少しだけ熱いものを感じてしまい
キングよりも断然神崎に惚れてしまいました。

 

幼い頃から花音を想っていたのかはわかりませんが
おそらくは花音のことを想いながら
教師になったのではないかと妄想が膨らみます。

 

そんな作品ですので是非読んでみてください。

 

蜜獄カーストを読んでみるならこちら

 

サイト内より【蜜獄カースト】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です