鈍色ムジカのネタバレと感想!無料試し読みやあらすじもあり


この記事は約 7 分で読めます。



所ケメコ先生の作品の鈍色ムジカ。

 

中学時代、親友だったチェロ奏者のユキこと九条克幸。

 

彼と連絡が取れなくなって10年以上・・・
介護士として働く拓真は
気難しいと噂のある人物の元へ派遣されます。

 

大きな屋敷で出会ったのはチェリストを目指して
イタリアへ渡ったはずの親友で・・・。

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク… お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【鈍色ムジカ】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

鈍色ムジカを無料で立ち読み

 

鈍色ムジカのあらすじは?

 

介護士として働く拓真には
今でも色あせないある思い出がありました。

 

それは中学時代、チェロの演奏者であった親友
ユキこと九条克幸としたとある約束でした。

 

CDデビューをしたら拓真だけのためにリサイタルを開く・・・
ユキがイタリアに留学する前にしたその約束は
今も拓真の心の片隅に残っていました。

 

性格は全く異なっていたものの
拓真にとってかけがえのない親友であったユキ。

 

イタリアに行ってからもメールなどの
やり取りは続いていましたが
大学生になったあたりからそれも途絶え
今では音信不通となっていました。

 

そんなある日、拓真が派遣されたとある大きな屋敷。

 

鈍色ムジカ
鈍色ムジカ

 

そこは主人が怪我のせいで不安定になっているのか
なかなかヘルパーが定着しないと
職場で噂となっている家だったのです。

 

目の怪我をしているせいで
視力がほとんどない状態である彼は
拓真と同い年くらいの青年でした。

 

チェリスト、自分と同い年くらい
そしてどこか彼と似通った雰囲気・・・
恐る恐る彼の本名を問うた拓真は思わず愕然とします。

 

九条克幸・・・そう、彼は十年ぶりに再会する
親友のユキだったのです。

 

紛れもない親友の姿に喜びを覚えるものの
同時に目の怪我や長年連絡をしてこなかったことに
自分とは会いたくなかったのではという思いから
名乗ることはできない拓真。

 

結局、拓真だということは明かせないまま
数十年ぶりの親友との交流がはじまることとなります。

 

鈍色ムジカを読んでみる

 

サイト内より【鈍色ムジカ】と検索。

 

鈍色ムジカのネタバレとその後の展開は?

 

気難しい人物だと聞いていたものの
拓真に対しては比較的心を開いているようすのユキ。

 

そんな姿を見て拓真は安心します。

 

手術をすれば視力は回復する状態ではあるようですが
明らかに人為的につけられた雰囲気の傷跡に拓真は酷く動揺。

 

しかしそれは怪我のことだけではなく
数十年ぶりにみた親友が
とても美しく成長していたことも理由でした。

 

ユキは拓真が拓真であることを知らないものの
どんどん距離を縮めていく二人。

 

それはまるで楽しかった中学時代に戻っていくようでした。

 

しかしユキは拓真にある劣情をずっと抱えており
ある日ふとした拍子のその胸中を吐露してしまいます。

 

中学時代から親友のことが好きだった
その親友と拓真を重ねてしまっている・・・。

 

鈍色ムジカ
鈍色ムジカ

 

その叫ぶような訴えに拓真は自分が
その親友なのだということを
言い出せないまま彼の唇を受け入れます。

 

しかしその関係も長くは続きませんでした。

 

ある日、拓真はうっかり昔の「ユキ」という呼び名で
彼を呼んでしまったことで自分が親友の
拓真であることがバレてしまうのです。

 

そのことが原因でユキと
気まずい雰囲気になってしまう拓真。

 

しかしこのまま再び会えなくなるのは嫌だと
拓真は彼の元へ戻ります。

 

中学時代の約束通りCDを出して
それから拓真に好きだといいたかった・・・
そう訴えるユキに拓真も同情ではなく
ユキのことが好きだと
今度こそ親友の「拓真」として告げるのでした。

 

鈍色ムジカを試し読みしてみる

 

サイト内より【鈍色ムジカ】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

鈍色ムジカの感想は?

 

中学時代の親友同士が十年の時を経て
以前とは全く別の形で
再会するというボーイズラブ漫画。

 

子どもの頃のユキがとても美しい少年で
最初はこれどっちが受けだとわからないほどでした。

 

成長した姿も美しいですが
こちらは美青年という感じですね。

 

拓真はあまり変わっていません。
ただ当初は1巻で完結予定だったのでしょうか?

 

あまり大きな波乱はなく1巻は話がサクサク進み
なおかつここだけで綺麗にまとまっています。

 

鈍色ムジカ
鈍色ムジカ

 

1巻だけだとなんだか無難な作品だったな・・・
で終わってしまうんですが
これが2巻、3巻と続いていくごとに
二人の過去を掘り下げたり色々な問題に
悩むようになったりと波乱も出てきます。

 

特にユキと両親との関係はリアルで胸を抉られましたね。

 

彼が色々なものを抱えながら10年間を
過ごしてきたことがよくわかります。

 

ただ拓真がとても芯が強く前向きなので
どの話も物凄く重たくなったり
辛いまま終わったりはしません。

 

安心して読むことができます。

 

絵がとにかく綺麗な先生なので
その辺りにも注目して読んでほしいです。

 

途中別のカップルも出てきますが
こちらは若干好き嫌いが別れそうな気がしますね・・・?

 

この二人を主人公に据えたスピンオフの
コミックスも出ているようなので
気になる方はぜひそちらもあわせて
読まれてはいかがでしょう。

 

鈍色ムジカを読んでみるならこちら

 

サイト内より【鈍色ムジカ】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
幼馴染はもうやめた。 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です