椿町ロンリープラネットのネタバレや感想!試し読みやあらすじも


この記事は約 6 分で読めます。



やまもり三香先生の作品の椿町ロンリープラネット。

 

高校2年生の大野ふみは幼いころに母親と死別をし
現在は父親と2人暮らし。

 

貧しいながらも節約をしながら生活をしていたところ
なんと父親が600万円もの借金を抱えることに。

 

マグロ漁船に乗り込んだ父親と一緒に借金を返すべく
ふみが始めたのが住み込みの家政婦。

 

新しいふみの生活はいったいどうなっていくの?!

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク… お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【椿町ロンリープラネット】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

椿町ロンリープラネットを無料で立ち読み

 

椿町ロンリープラネットのあらすじは?

 

貧しいながらも楽しい生活を送っていたふみに告げられたのは
父親が600万円もの借金を作ってしまったという事実。

 

住む家も取り上げられてしまいマグロ漁船で出稼ぎに行った
父親を助けるべくまた自分も住む家を確保すべく
ふみはある家で住み込みの家政婦として働くことに・・・。

 

家賃も食費もゼロの好条件に期待して
借金を返すために訪れたのは
椿町にある趣のある一軒家でした。

 

そこは作家として活躍をしている
木曳野暁の家だと言われているのです。

 

椿町ロンリープラネット
椿町ロンリープラネット

 

初老の人を想像して訪れたふみでしたが現れたのは
ふみに対してぶしつけな
物言いしかしないつっけんどんな若い男。

 

「木曳野先生はどこですか?」

 

ふみはその男に聞いてみるのですが衝撃的な回答が――。

 

「目の前にいる」

 

ふみが家政婦として働くことになった家の主は
若くして作家として成功をおさめたものの
言葉遣いは乱暴で愛想も無く
ふみを単なる居候として使う本当に嫌な奴だったのです。

 

そんな最低な主とふみの共同生活は
これからどうなっていくの――?

 

椿町ロンリープラネットを読んでみる

 

サイト内より【椿町ロンリープラネット】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

椿町ロンリープラネットのネタバレとその後の展開は?

 

「くれぐれも邪魔をするな」

 

そう言われて細かい指示も受けずに
適当に掃除をするようにと頼まれたふみ。

 

怒りをお風呂掃除に込めて精一杯の食事を
心を込めて作ってもいらんの一言・・・。

 

腹が立つふみでしたがそういえばずっと
主が仕事をしていることに気が付くのです。

 

人としては最低な奴ですが仕事に対してはとても真摯で熱心。

 

しかしふみに対するあたりはきつく
お金のためだと思って頑張っていたふみの心も
折れそうになるのでした。

 

そんな中、ふみを紹介してくれた友人から
ふみの状況を聞いた木曳野が
何も言わずふみを迎え入れてくれました。

 

木曳野の家に帰るとふみのために部屋が用意されており
ただいまと言ってから家に入るようにと言われます。

 

家族を無くし居場所を失っていたふみにとって
それは思いもかけない一言となったのです。

 

椿町ロンリープラネット
椿町ロンリープラネット

 

しかし相変わらずふみに対しては無愛想な木曳野。

 

あるとき風邪をひいて木曳野が寝込んでしまうことに・・・。

 

付きっきりで看病を続けていたふみに対して
それまで見たことのなかったような笑顔で
お礼を言ってくれる木曳野。

 

無愛想な彼の表情を見るたびに
不思議と心が軽くなっていくふみ。

 

いつのまにか木曳野のちょっとした表情やしぐさ
掛けられる言葉がふみにとって大切なものとなっていく。

 

しかし今は借金を返済することが最優先事項。

 

恋愛なんてものにうつつを抜かしていてはいけないし
第一、木曳野は全くふみに気があるように思えません。

 

傷つく前に自分の気持ちを封印しようと
そう決めたふみだったのですが
思わぬ事態が次々と起こって――・・・?!

 

少しでもお金を稼ごうとしてアルバイトを始める
ふみの身に降りかかる事件とは?

 

そして憧れの木曳野のことを慕っているライバルも出現して・・・!

 

ふみのほのかな恋心と木曳野との間の
なかなか埋まらない距離感の
今後の展開から目が離せない――!

 

椿町ロンリープラネットを試し読みしてみる

 

サイト内より【椿町ロンリープラネット】と検索。

 

椿町ロンリープラネットの感想は?

 

私がかなり好きなタイプの恋愛マンガでした。

 

ふみちゃんと一緒にきゅんっと照れてしまったり
そわそわしてしまったりと自分自身がとても楽しみながら
作品を読み進めていくことができとてもおすすめです。

 

淡く切ない初恋がこんな素敵な形で
実を結んだらと思うと心がほっこりと
温まるようなそんなお話でした。

 

椿町ロンリープラネット
椿町ロンリープラネット

 

ただ一生懸命で打算や計算をすることなく
始めることが出来る恋心をこんなふうに
大切に育てていくことができたら・・・。

 

そしてそれが人生で最初の恋だったとしたら
それは本当に幸せな人生のスタートに
なるのではないでしょうかと感じられました。

 

椿町ロンリープラネットを読んでみるならこちら

 

サイト内より【椿町ロンリープラネット】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
幼馴染はもうやめた。 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です