大正ロマンチカのネタバレと感想に結末(最終回)!無料試し読みやあらすじもあり


この記事は約 6 分で読めます。



小田原みづえ先生の作品の大正ロマンチカ。

 

大正時代よりアンティークと呼ばれる歴史ある家具たちの
愛好家たちは惜しみなく家具に財産をつぎ込んでいた。

 

そんなアンティークをこよなく愛する娘の明。

 

亡くなった父親の形見を取り戻そうと
訪れた公爵邸で出会ったのは金髪碧眼の公爵様。

 

形見を譲ってもらう代わりに公爵のパートナー
つまりお嫁さんをやるようにと言われて――?

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク… お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【大正ロマンチカ】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

大正ロマンチカを無料で立ち読み

 

大正ロマンチカのあらすじは?

 

明の父親・滝川蓮は腕の良い家具師でした。

 

古き良きアンティークが愛されているこの時代
高価なアンティークを購入したくても
手に入れることが出来ない人のためにレプリカを作る天才。

 

好きな家具に囲まれて暮らしたい人の夢を
叶えてくれていた滝川は心無いひとの策略に陥れられてしまい
贋作家の疑いをかけられることになるのです。

 

そして思いつめた父親は一人娘の明を残して
自ら命を絶ってしまいそれが世に言う滝川事件――。

 

滝川蓮の愛娘・明は蓮からたくさんの家具に関する知識を伝授され
アンティークをこよなく愛する少女に成長しました。

 

贋作を許さない明は確かな審美眼で目の前の家具が
正規品なのか贋作なのかを見分けることが出来ます。

 

大正ロマンチカ
大正ロマンチカ

 

そんな明は父親の形見を探していました。

 

それは公爵家に収められているブローチ。

 

公爵に直談判すべくもぐりこんだ屋敷で
出会ったのは金髪碧眼の公爵様でした。

 

形見を返してほしいと頼む明に公爵が突き付けた条件は
日本に滞在している間のパートナーとして振る舞うこと。

 

骨董品を扱う貿易を生業にしている公爵が参加する
晩餐会やパーティに同席してほしいと
そう伝えたつもりでしたがパートナーをお嫁さんだと
勘違いした明は立派な嫁になることを誓うのでした。

 

大正ロマンチカを読んでみる

 

サイト内より【大正ロマンチカ】と検索。

 

大正ロマンチカのネタバレとその後の展開は?

 

明は公爵と共に暮らすようになり
公爵のパートナーを務めるようになります。

 

確かな審美眼を持つ明は一目で商品が贋作か
正規品かを見分けることが出来る優れた能力の持ち主。

 

本人はただアンティークが好きで贋作なのかどうかを
楽しんで見極めているだけでしたが
その一言が様々な事態を巻き起こしていく・・・。

 

無邪気で素朴な明は父親を失ってずっと一人ぼっち。

 

しかし公爵との生活の中で公爵の温かさや素朴さ
優しさに包まれることになりようやく1人ではないと
安心した生活を送ることが出来るようになります。

 

それは父親の形見を取り返すための
ビジネス上の関係のはずだったはずなのに
いつの間にか感じたことのないような胸のときめき
締め付けられるような痛みを感じるようになり
明の気持ちが少しずつ動いていくのです。

 

大正ロマンチカ
大正ロマンチカ

 

一方、公爵は明の審美眼を利用することを目的として
近づいていましたが屈託なく笑うその笑顔や
公爵を真っ直ぐ思う優しさ
自分のことを真剣に心配し慕ってくれる明と一緒にいるうちに
公爵の気持ちにも徐々に変化が現れるようになるのでした。

 

様々な出来事を2人で乗り越えるうちに
少しずつ変化していく2人の関係・・・。

 

しかし2人の仲を揺るがすような新聞記者が現れ
明の気持ちに揺さぶりをかけるようになるのです。

 

そして信じていた公爵が滝川事件に
関与している可能性も浮上して――?!

 

大好きだった父親を奪ってしまったのは
もしかしたら公爵かもしれない・・・
それでも公爵のことが好き。

 

揺れ動く明を支えてくれるのは
自分の心の中を見つめる審美眼だけ。

 

大正自体を舞台としたロマンスは
いったいどうなっていくの――?!

 

大正ロマンチカを試し読みしてみる

 

サイト内より【大正ロマンチカ】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

大正ロマンチカの感想は?

 

古き良きアンティークは様々な人の手に渡りながら
長年愛されてきたとても思い入れがある家具たち。

 

そんな家具を真っ直ぐに愛しながらも
それまで自分が住んでいた世界が広がりながら
新しい世界にいる公爵に惹かれていく明。

 

自分の気持ちを何と表現して良いのかもわからず
あたふたと混乱している姿はとてもかわいらしく
女の子が少女に成長していく姿が
とても見事に描かれているように感じました。

 

大正ロマンチカ
大正ロマンチカ

 

そして飄々としている公爵の本心はまだ分かりません。

 

明との距離が近いのは金髪碧眼のお国柄からなのでしょうか。

 

しかし明らかに明との時間を重ねるうちに公爵の心が
温かく丸くなっているような気がしてなりません。

 

明の可愛らしさに触れながら少しずつ変化しているような公爵と
初めて恋を覚えた明との関係から
まだまだ目を話すことが出来ない一冊。

 

絵がとても繊細で可愛らしく読み応え抜群の作品です。

 

大正ロマンチカを読んでみるならこちら

 

サイト内より【大正ロマンチカ】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
幼馴染はもうやめた。 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です