となりの怪物くんのネタバレと感想!試し読みやあらすじもあり


この記事は約 8 分で読めます。



ろびこ先生の作品のとなりの怪物くん。

 

入学早々事件を起こして停学になった吉田くんは不登校中。

 

そんな彼の元へプリントを届けにいったことから
雫とハルの関係がはじまります。

 

優等生の雫とちょっと問題児だけと優秀なハル
ふたりが織りなす好きの気持ちとは・・・。

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク… お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【となりの怪物くん】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

となりの怪物くんを無料で立ち読み

 

となりの怪物くんのあらすじは?

 

水谷雫さんの隣の席の吉田くんは入学早々
事件を起こしてから一度も登校していません。

 

彼女はそんな吉田くんに届け物をするために
バッティングセンターへと行き
そこで店内で暴れている吉田くんを目撃!

 

雫と目があった吉田は三階から飛び降りて逃走――
ではなく出てくる雫を待ち伏せしてタックル。

 

学校の回し者かと迫りますが
プリントを届けにきただけと知り解放されるのです。

 

どうやら学校に来いと説得されていたようで
なかなか登校しない吉田に
別の人を寄越したと彼は思ったようです。

 

プリントを届けにとわかると
なぜか急にテレテレの顔になる吉田くん。

 

病欠した人にプリントを届ける・・・やつ
それは友達の行為となぜか勝手に思い込み
いきなり雫を「シズク」と呼び
自分のことは「ハル」と呼べと言いだします。

 

となりの怪物くん
となりの怪物くん

 

そんな彼を不可解でなんかコワイという印象を持った雫でした。

 

サエコ先生に領収書を渡す雫は実は先生に頼まれて
ハルにプリントを届けに行ったのです。

 

しかもお使い完了すると参考書を
買ってくれるという交換条件付きで。

 

停学になった経緯はハルの方がやり過ぎですが
もともと問題があったのは上級生の方でした。

 

それなのに停学になったことで不信感を抱いてしまったハルは
学校に来なくなってしまいました。

 

雫に頼るサエコ先生ですが関わりたくない雫は断ります。

 

ところが学校をでるとハルと遭遇し
そのまま連れられてしまい――・・・。

 

となりの怪物くんを読んでみる

 

サイト内より【となりの怪物くん】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

となりの怪物くんのネタバレとその後の展開は?

 

土手に連れられファストフード店につき合わされ・・・
ハルの男友達に遭遇と普段では経験しないことを
経験させられていく雫。

 

――と突然、ハルがテレ顔で学校のことを聞いてきます。

 

学校に来たがっているのではと察した雫は
行けばいいと背中を押しますがハルは怖いと・・・。

 

ハルを見る視線や避けるような態度を
とられるのかがわからないから怖い。

 

だけど雫はうちまで来てくれたし
さっきの彼らも怖がらずに付き合ってくれる
だから学校なんて行かなくていい・・・
ハルの出した答えに雫は意義を唱えます。

 

友達はたかったりしないそんなのは友達じゃない。

 

するとハルは雫の頭にジュースをかけ
嫌なやつと言って去るのです。

 

――が、やられっぱなしの雫ではありません。

 

追いかけしっかりとジュースを投げつけやり返します。

 

雫にしてみれば本当のことを言っただけなのに
なんで怒るのかが理解できないのです。

 

数日後、サエコ先生からこのままだと
やっぱり退学だと聞かされます。

 

先生の電話にも出なくなったハル。

 

それを聞いた雫は再びハルの家でもある
バッティングセンターへと向かいます。

 

退学のことを告げにきただけなのに
なぜかバッティングをやる流れに・・・
しかも一向に当たる気配なし・・・。

 

そんな中、ハルのことを話している声が聞こえてきます。

 

ハルの金だしが悪いいい財布を見つけたと思ったのに――
それを聞いた雫はほらねと納得。

 

間違ってなかったと確信すると今まで当たらなかった
ボールがバットに当たり満足する雫です。

 

となりの怪物くん
となりの怪物くん

 

するといつからいたのか雫の斜め後ろあたりに
ハルがちょこんと座り込んでいたのです。

 

傷ついたような無感情のような
なんともいえない表情にひっかかるものの
雫は関係ないとハルの横を堂々と通り過ぎます。

 

ハルを財布と言っていた彼らも無視して去る――
つもりがこの時の雫は少し違っていました。

 

怖くて足が震えているのに彼らと向き合います。

 

ハルは友達だと思っているからもっと誠実に・・・
ハルのことを思っての進言でしたが
彼らにハルや雫の気持ちが届くはずもありません。

 

雫に向け手が伸びかかり怖くて身体がこわばり
もう終わりかもしれない・・・
そんな状況の雫を救ったのはハルでした。

 

ハルが雫を送りながら突然涙を流します。

 

嬉しくて・・・といって涙するハルを見た雫も
また泣きそうになります。

 

ハルの純粋な涙をみた雫は大丈夫だよといって
彼を抱きしめるのでした。

 

さらに雫がいるなら学校に行ってもいい発言。

 

さらにさらにシズクが好きかも宣言が飛び出し
次の日、ハルが登校――。

 

学校が怖いとビクビクしながら雫の背後に付きまとうハルです。

 

こうしてやっと隣の席が埋まることになったのですが
ふたりの関係はどう発展していくのでしょう・・・。

 

となりの怪物くんを試し読みしてみる

 

サイト内より【となりの怪物くん】と検索。

 

となりの怪物くんの感想は?

 

一般常識から逸脱したハルの行動はかなり笑えたり
被害にあう雫に同情したりですがでもピュアなんです。

 

雫は思ったことをはっきりと言葉にしてしまう優等生タイプ。

 

ハルの行動に振り回されている感がかなりありますが
結局は行動を共にしてしまうことの方が多く根本的に優しい女の子。

 

ふたりを中心に輪が広がっていくと
完全に青春を謳歌している学園ものという感じですが
ただの学園もので終わらないのがこの作品です。

 

となりの怪物くん
となりの怪物くん

 

成長していくとハルが抱えているものが明らかになり
それが雫との関係に大きな障害となって立ちはだかります。

 

人を好きになるって自身の人生全てをかけるようなもの。

 

そんな恋物語にまで発展していく作品です。

 

読後の余韻もなかなか素敵なこの作品
現役の学生さんはもちろんですが
高校生なんてはるか昔という方でも十分楽しめます。

 

ハルの人生に移入しても雫の人生に移入しても
きっと満足できると思います。

 

となりの怪物くんを読んでみるならこちら

 

サイト内より【となりの怪物くん】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
幼馴染はもうやめた。 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です