デスノート(DEATH NOTE)のネタバレと結末!映画の原作の試し読みやあらすじも


この記事は約 6 分で読めます。



原作を大場つぐみ先生が作画を漫画家の小畑健先生が担当した
人の死を支配する『DEATH NOTE』。

 

名前を書いた人間を死なせることが出来る「デスノート」を使い
理想の世界を作ろうとする主人公と
それを阻止しようとする名探偵らの頭脳戦を描いた物語。

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク… お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【DEATH NOTE】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

DEATH NOTEを無料で立ち読み

 

DEATH NOTEのあらすじ!相手の心理と己の頭脳を駆使して挑む戦略ゲーム

 

物語の主人公である夜神月は完了を目指す優秀な高校生。

 

ところがある日、学校の敷地で黒い奇妙なノートを見つけます。

 

それは死神リュークが落としたものでノートに名前を書くと
人間を殺すことの出来る「デスノート」だったのです。

 

月はデスノートの力を使い犯罪者が居ない世界を作るためにと
次々にノートへ犯罪者の名前を書き葬りました。

 

やがて世間は犯罪者を殺す存在に気付くと
殺し屋(Killer)の意味で「キラ(KIRA)」と呼び
中には神のように崇める者までが現れました。

 

DEATH NOTE
DEATH NOTE

 

ですがキラを放ってはおけないとICPO(インターポール)が動き出し
脅威の頭脳を持つ謎の名探偵L(エル)と共に世界中の警察が動き出します。

 

犯罪者を殺し続けるキラ(月)を神ではなく
“連続殺人犯”と見なすLは
キラは日本の関東地方にいると判断。

 

日本に捜索本部を設けると正体不明のキラへと挑むのでした。

 

綿密な罠や計画と共に心理の裏をつく巧みな台詞の誘導。

 

警察と天才探偵を敵にまわした月(キラ)と
名前を知られれば即デスノートで殺されてしまうL。

 

キラ対Lの2人の天才が命懸けの頭脳戦を繰り広げたサスペンス作品。

 

DEATH NOTEを読んでみる

 

サイト内より【デスノート】と検索。

 

DEATH NOTEのネタバレ!L(エル)の後継者たち

 

本作は二部構成となっております。

 

そしてもう1人の主人公と言っても過言ではない
探偵Lでしたが第一部でキラの正体を掴みながらも
「デスノート」で月に殺されてしまうのでした。

 

第一部が終了して5年後。

 

Lを殺した月は2代目Lとして警察を
そしてキラとして闇の世界を牛耳るようになるのです。

 

さらにキラ(月)とL(月)の見せ掛けの勝負を演出することで
世界中にキラ信者を着実に増やしてもうゆくのでした。

 

まさに月が目指していた理想の世界がそこまで来ていたのです。

 

DEATH NOTE
DEATH NOTE

 

しかしLの死の直後、養護施設ワイズミーハウスで
「Lの後継者」として育てられていた2人の少年がいました。

 

彼らの名前はメロとニア。

 

ニアとメロは月と「L」の後継者争いを展開する中
2人は月に対し不信感を募らせるようになります。

 

また月も様々な妨害や事件の真相が彼らであることに気付くのです。
ニアとメロと月。

 

3人の天才によるプライドを賭けた最後の戦いが始まります。

 

DEATH NOTEを試し読みしてみる

 

サイト内より【DEATH NOTE】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

DEATH NOTEの感想!自分の手を下さない殺人の恐ろしさ

 

超越した頭脳を持つもの同士による
知略の限りを尽くした心理戦『DEATH NOTE』。

 

優秀な学生とはいえ普通の少年だった月は
死神ルークがもたらしたこのノートにより人生や
考え方そのものまでが大きく変えられてしまいます。

 

この世界にある「犯罪者」に対する怒りや憤り
そんな普通の感情がこのノートにより
「殺意」として実現されてしまったからです。

 

最初は単純な正義感であった筈の月の思いが
何時しか犯罪者に対する明確な殺意となってゆきました。

 

そして自分の邪魔となる相手への「排除」と変ってゆくさまは
自身の手を汚すことなく人の命を奪う
そんな現実味のない所業の所為かもしれないでしょう。

 

そしてそれは主人公の月だけではなく現代のネット社会に生きる
私たちにも大きく係わる心理状態なのかもしれません。

 

DEATH NOTE
DEATH NOTE

 

月は「デスノート」を使い
キラ(殺し屋)と言う名の“神”になろうとしました。

 

ですが彼はルークのような死神にさえなりきれず
さらに自分が“犯罪者”であることも気付かずにいたのです。

 

それは月を崇拝する人々の存在が「デスノート」の力が
月が自分を“神”だと錯覚させてしまったからなのです。

 

人は大きな力の中にあると
自分が何者であるか忘れてしまうといいます。

 

だからこそ月に対し彼を正面から「犯罪者である」と断言し
否定できたLの存在は私達にとって最後の砦なのかもしれません。

 

知的戦略と共に人の心の深層部まで描かれた『DEATH NOTE』。

 

みなさんもキラやLになって戦ってみてはいかがでしょうか。

 

DEATH NOTEを読んでみるならこちら

 

サイト内より【DEATH NOTE】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です