不能犯のネタバレと感想に結末は?無料試し読みやあらすじもあり


この記事は約 6 分で読めます。



宮月新先生・原作、神崎裕也先生・漫画の作品の不能犯。

 

いくつもの不可解な殺人に関わる謎の男・宇相吹正。

 

司法解剖や遺体を調べてもその体には内服や
他者による外傷は認められず
犯罪が成立しない“不能犯”と断定されてしまうのです。

 

警察と不能犯との生と死、そして正義と悪意が交差する
本格派クライム・サスペンス。

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク… お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【不能犯】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

不能犯を無料で立ち読み

 

不能犯のあらすじ!言葉と暗示だけを武器とする殺人者

 

カフェで闇金の木島が飲んだアイスティー。

 

向かいに座る黒衣の男がそのアイスティーの滴を
テーブルの上の蟻にかけた途端
蟻はみるみる溶け出してしまいます。

 

「毒が入っている」

 

そう“思った”瞬間、木島は毒物が混入されてもいない
アイスティーを飲んだだけで死んでしまったのです。

 

このカフェ「カラフル」で起きた
闇金業者変死事件を担当したのが
警視庁杉並北警察署に努める女刑事・夜目。

 

夜目は若いながら中年男性で係長の
河津村の上司でもありました。

 

実は夜目は以前、冤罪であった
河津村の息子を犯人と“思い込み”
自殺に追いやった過去があったのです。

 

それからは薬を服用し自身の不安定な精神状態を
保ちながら刑事を続けていました。

 

不能犯
不能犯

 

そんな夜目はカフェで起きた変死事件で
死んだ木島と共に防犯カメラに写り込んでいた
怪しい男の元へと赴きます。

 

防犯カメラの男・宇相吹正は
公園のベンチで猫に囲まれながら寝ていました。

 

事件について問いただす夜目ですが
宇相吹はのらりくらりとはぐらかし
突然猫に引っ掛かれた
夜目の手首を舐め立ち去ってしまいます。

 

怒りに震える夜目ですがその手首は
異常な腫れ方をしてしまうのです。

 

しかし医者に診せても異常はなく
宇相吹が起こす一連の出来事。

 

そして人を死に至らす何かについて思い悩む夜目。

 

見かねたように河津村は人は自分が「死ぬのだ」と
“思い込む”だけで死んでしまうそんな症例や事例を語ります。

 

ですがそれでは犯罪が実現する可能性が低く
法的に“不能犯”と呼ばれるもの。

 

信じらないと答える夜目に河津村は息子は夜目の
“思い込み”で殺されたと追い詰められてしまいます。

 

自責の思いに駆られる夜目は夜の公園で宇相吹と逢い
逃避するかのように体を合わせるのです。

 

ところがそんな彼女に宇相吹は
「貴女は今夜 死ぬ」と言い残して・・・。

 

人の業と悲しさとを紡ぐダークサスペンス。

 

不能犯を読んでみる

 

サイト内より【不能犯】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

不能犯のネタバレ!陥れた者がさらに陥れられて

 

夜目の死を予言するかのような言葉を告げた宇相吹。

 

更に死を抗うことは出来ないし夜目の心の深い所は
僕の言葉を受け入れているから逃げられないと断言。

 

あまりのことにどうして自分が
死ななくてはならないのかと夜目は叫びます。

 

すると宇相吹は「人間は脆い」と
証明するためだとうそぶくのです。

 

その夜、入浴する夜目は宇相吹に舐められた跡が
人面瘡のように話だしパニックになります。

 

不能犯
不能犯

 

思わずカミソリで切り付けるも湯船の中で
出血多量と“思い込み”死んでしまうのでした。

 

実はそれこそが息子を夜目により
自殺に追い込まれた河津村の復讐だったのです。

 

河津村は宇相吹に頼み夜目を死に追いやったのでした。

 

ところが宇相吹はその事実を宇相吹により
人前で暴露し自滅をしてしまいます。

 

そんな彼らに対し宇相吹は足元の猫にエサを与えながら
「愚かだね 人間は」とつぶやくのでした。

 

不能犯を試し読みしてみる

 

サイト内より【不能犯】と検索。

 

不能犯の感想!救いの見えない人の愚かさ

 

この作品を読んでいると皆さんは所々で
何度も“裏切られて”しまうかと思います。

 

更生したと思っていた人間が
逆恨みで親切な刑事を陥れようとしました。

 

軽い気持ちで始めた援交で酷い目に遭った少女が
宇相吹に助けられながらも殺され
その少女を殺そうとした最低な援校相手も破滅します。

 

他にも双子姉妹や宇相吹に関わる人々は
皆が酷い目や不幸になってしまうのです。

 

不能犯
不能犯

 

ですがそんな中、熱い思いを抱く若き刑事・多田だけは
宇相吹の言葉を跳ね除け彼を捕らえようと奔走します。

 

なぜなら彼は殺された夜目に憧れそして刑事であること
自身の考えや生き方に胸を張っていたからです。

 

二人は度々衝突しますが宇相吹は多田に対して
ある種の執着さえ持つようになります。

 

そして宇相吹の言葉が多田にだけ利かない理由
それは“二人が同種の人間”であるなど
多くの謎が秘められた『不能犯』。

 

是非ともこの作品を読んで宇相吹の謎や
彼がサンプリングしている
「愚かな人間」の行き着く先を見届けて下さい。

 

不能犯を読んでみるならこちら

 

サイト内より【不能犯】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です