えろ◆めるへん かぐや姫のネタバレと感想!試し読みやあらすじも


この記事は約 6 分で読めます。



伊河シキ先生の作品のえろ◆めるへん かぐや姫。

 

むかしむかし竹から生まれたかぐや姫という美しい姫がいると
都では評判になっていました。

 

クールビューティーと言われる姫君でしたが
実は、ただのコミュ障だったのです。

 

クールではなく鉄面皮、神秘的ではなく
返答に困って固まっているだけ。

 

そんな姫は勝手に忍び込んできた男性に恋をしてしまうのです。

 

けれど天上へ戻らなければいけない姫は
愛した人を置いて天上へ向かうことがどうしても気がかりで・・・。

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク… お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【えろ◆めるへん かぐや姫】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

えろ◆めるへん かぐや姫を無料で立ち読み

 

えろ◆めるへん かぐや姫のあらすじは?

 

絶世の美女と体をつなげることを趣味とする車持の君は
都で噂のかぐや姫に興味を持ち屋敷を訪れるのですがそこで
かぐや姫に近づいたところをしゃべる兎にけり倒されてしまいます。

 

その物音であっけなく退散する羽目になる車持の君ですが
どうんなに口説いても反応のないかぐや姫のことを
ますます気に入ってしまうのです。

 

しかし、かぐや姫には事情がありました。

 

かぐや姫はただのコミュニケーション障害だったのです。

 

えろ◆めるへん かぐや姫
えろ◆めるへん かぐや姫

 

かぐや姫が唯一言葉を交わせるのが
かぐや姫を傍で守る兎の卯月だけでした。

 

天上界で天上人として過ごしていたかぐや姫は
嫁ぎ先が決まり不安になっているときに偶然庭で
男女が逢引をしているところを目撃してしまい
顔も知らない婚約者と自分が夫婦になることなど
考えられなくなってしまいました。

 

そんな時、家族からも嫌われていたかぐや姫は
嫌がらせを受けてしまい
卯月と一緒に下界に通じていると言われている
井戸の中に落ちてしまうのです。

 

そうして下界に落ちてしまったかぐや姫は
酷いコミュ障のまま接しているうちに何故か
クールビューティーという噂がついてしまったのでした。

 

えろ◆めるへん かぐや姫を読んでみる

 

サイト内より【えろ◆めるへん かぐや姫】と検索。

 

えろ◆めるへん かぐや姫のネタバレとその後の展開は?

 

夜、月を見上げていたかぐや姫のところへ
車持の君が再び現れるとかぐや姫は固まってしまいました。

 

言葉がつたないかぐや姫に何故か
自分の都合のいいように解釈する車持の君は
固まっているかぐや姫の唇に口づけをしてしまい・・・。

 

口づけが夫婦になるもの同士が行う行為だと思い込んでいるかぐや姫は
自分と夫婦になりたいのかと車持の君に問いかけるのですが
それを気高い姫になじられたと勘違いした車持の君は
かぐや姫を落とすために全力で押しにかかるのです。

 

はじめて男性に触れられたかぐや姫は
自分の体に湧き上がる熱と快楽に戸惑ってしまいます。

 

しかし、それはかぐや姫が酷い熱を出していただけで
慌てた車持の君は役人に突き出されることを覚悟の上で
屋敷のものにかぐや姫を預けたのでした。

 

えろ◆めるへん かぐや姫
えろ◆めるへん かぐや姫

 

まもなくしてかぐや姫のもとに有名な陰陽師が呼ばれ
かぐや姫の熱は無事に取り払われたのですが謎の陰陽師は
かぐや姫が天上人であることを知っていたのです。

 

そして、かぐや姫が下界に落ちたことが原因で
下界人になってしまうというのでした。

 

下界人になる前に天上界への門を
開かけなくてはならなくなったかぐや姫ですが
伝説の秘宝を5つ集めなくてはなりません。

 

そこで陰陽師はかぐや姫に言い寄る男性たちに秘宝を集めさせ
宝と引き換えにかぐや姫と一夜を共に出来る権利を与えて
5つの秘宝を集めるように言い渡しました。

 

天上界へ戻るため、かぐや姫の下した選択とは――。

 

えろ◆めるへん かぐや姫を試し読みしてみる

 

サイト内より【えろ◆めるへん かぐや姫】と検索。

 

えろ◆めるへん かぐや姫の感想は?

 

昔話を題材にした本作ですがキャラクターがとても
人間味があり楽しく読めてしまいます。

 

しかしまさかかぐや姫がコミュ障の設定とは思わなくて
個人的には結構評価の高い作品です。

 

えろ◆めるへん かぐや姫
えろ◆めるへん かぐや姫

 

かぐや姫はゆっくりと話を進めていくうちに
車持の君へ好意を寄せていくのですが
同時に天上界へ戻らなければいけないという想いと
このまま車持の君と一緒にいたいという想いに
悩まされてしまうのです。

 

自分の命を投げ出し車持の君を選ぶのか
それとも車持の君を諦めて天上界へ帰ってしまうのか・・・
ラストが気になる作品ですので是非呼んでみてください。

 

えろ◆めるへん かぐや姫を読んでみるならこちら

 

サイト内より【えろ◆めるへん かぐや姫】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です