パーフェクトワールド プチキスのネタバレと感想!無料試し読みやあらすじも


この記事は約 8 分で読めます。



有賀リエ先生の作品のパーフェクトワールド プチキス。

 

会社の飲み会で数年ぶりに想い人と再会を果たした川奈つぐみ。

 

高校時代の同級生だった二人は良い雰囲気に・・・
しかし彼・鮎川樹には重大なハンデがありました。

 

彼は大学生の頃、事故により脊髄を損傷し
以来歩くことのできない身体になっていたのです。

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク… お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【パーフェクトワールド プチキス】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

パーフェクトワールド プチキスを無料で立ち読み

 

パーフェクトワールド プチキスのあらすじは?

 

川奈つぐみはインテリアデザイン会社に勤務する26歳の会社員。

 

ある日、彼女は取引先の設計事務所との飲み会で
思いがけない再会を果たすこととなります。

 

その相手は高校時代に仲の良かった鮎川樹で川奈の初恋の人でした。

 

クラスも部活も違った二人ですが図書委員だった
川奈の元へ彼は色々な本をリクエストしに来ていたため
よく話す仲の良い間柄でした。

 

彼は現在夢だった一級建築士になっており
高校時代よりもかっこよくなっています。

 

そんな鮎川にときめきを覚える川奈でしたが
彼が帰り際の様子を見た彼女は思わず愕然とします。

 

彼は大学時代に事故に遭い歩けない身体になり
車椅子での生活を送っていたのです。

 

思いがけない再会にたしかに川奈の胸は高鳴っていました。

 

しかし鮎川が車いすに乗って帰る姿を見たとき恋愛という場所から
一歩引いてしまった自分がいることも自覚していました。

 

パーフェクトワールド プチキス
パーフェクトワールド プチキス

 

きけば鮎川は現在若手四人チームでやっている
コンペの中心的な役割を担っているとのこと。

 

高校時代から夢に向かって真っすぐ突き進み夢を実現させた鮎川。

 

そんな彼のことを川奈は素直にすごいと伝えます。

 

彼女は絵を仕事にすることを目標にしていましたが
鮎川とは異なりそれを諦めてしまった人間だったからです。

 

大学時代に事故に遭い脊髄損傷。

 

それ以来歩けなくなったが夢はあきらめたくなかった
しがみついていく・・・鮎川はそう語ります。

 

その姿を素直に尊敬する川奈でしたが
知人から色恋沙汰を茶化された際
彼女は思わずきつく言い返してしまいます。

 

「そういうつもりではないので」

 

その言葉を聞いた鮎川はどこか達観したような表情を浮かべ
自分は誰とも恋愛する気はないと呟きます。

 

パーフェクトワールド プチキスを読んでみる

 

サイト内より【パーフェクトワールド プチキス】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

パーフェクトワールド プチキスのネタバレとその後の展開は?

 

車椅子の人とは恋愛できない付き合うなんて無理・・・
思わず口からこぼれてしまった本音に
その日から二人には妙な距離感が生まれてしまいます。

 

そんなある日、川奈に鮎川が高熱を出して倒れたと連絡が入ります。

 

ひどい褥瘡ができてしまって手術になる・・・
そう告げられ唖然とする川奈。

 

この間まであんなに元気だったのに狼狽える彼女に
鮎川の同僚であり良き理解者でもあるナベさんは
脊髄損傷者は突然体を壊す場合があるのだと告げます。

 

そこで川奈は鮎川の背中の肉が
抉られているところをはじめて目にします。

 

そこで彼女は自分は何も彼のことをわかっていなかったと自覚するのです。

 

酷い高熱の中、締め切りが迫っている
コンペのためにパースを描き始める鮎川。

 

次がある保証もないいつ死ぬかわからないのに
今やらなきゃダメなんだ・・・そう叫ぶ彼の姿に
川奈は数日前に鮎川が言ったしがみついていくという
言葉の重さを改めて実感します。

 

そんな彼に川奈は最後に残っている
着色は自分にやらせてほしいと嘆願します。

 

高校時代に川奈の絵に惚れ込んでいた鮎川はその提案を受け入れ
彼女に最後の仕上げである着色を任せ無事パースは完成します。

 

俺は幸福な人間だ・・・そう呟いて意識を失う鮎川。

 

パーフェクトワールド プチキス
パーフェクトワールド プチキス

 

川奈の中に閉ざしたはずの感情が溢れだしてきた瞬間でもありました。

 

それから一か月、優勝こそ逃した者の鮎川のコンペは
佳作を受賞し大きな反響を呼ぶこととなりました。

 

あの一件以来一緒にいることが長くなった二人ですが
川奈はその中で障がい者に向けられる
無遠慮な視線や態度を嫌というほど感じるようになります。

 

それは鮎川も承知の事実なようで
相変わらず彼女を作る気はないと断言しています。

 

前の彼女とは別れた・・・そう呟く彼に川奈は
高校時代にいた鮎川の彼女のことを思い出します。

 

元カノの雪村美姫は強い少女でした。

 

自分は鮎川の気持ちを言わずにはいられなかった
だから告白した・・・まっすぐにそう言っていた彼女。

 

まだ川奈が恋心を自覚すらできていなかったときに
迷うことなく恋を選んだ彼女。

 

しかしその雪村ですら障害が原因で鮎川と別れていたのです。

 

溢れだす愛情と障がいという壁のはざまで
川奈は悩み続けることとなります。

 

パーフェクトワールド プチキスを試し読みしてみる

 

サイト内より【パーフェクトワールド プチキス】と検索。

 

パーフェクトワールド プチキスの感想は?

 

少女漫画としては非常に珍しい障がい者との恋愛を描いている作品。

 

ともすれば薄っぺらいだなんだと批判されそうな内容ですが
本作は非常に評価が高かったため私も読んでみました。

 

色々考えさせられる作品でした。

 

そして作者の方はたくさんのことを考えて
この作品を描いているんだなぁとも思いました。

 

恋愛ものにはなりますが鮎川が障がい者のため
ただ好きという気持ちだけでは難しい問題がたくさん出てきます。

 

レビューなどを見ていると暗すぎる
ヒロインがうじうじしすぎているという感想もみましたが
読んでいるとそうなるのも仕方がないと思える内容でした。

 

パーフェクトワールド プチキス
パーフェクトワールド プチキス

 

少女漫画なのでどのあたりの内容まで切りこんでいくのかと
思っていましたがかなり深いところまで描いています。

 

脊髄損傷による下半身不随・・・序盤だけ読んでいると
足が不自由という問題だけが浮き上がってくるんですが
実は合併症による死亡率が非常に高く
他にも様々な問題があることがわかります。

 

少女漫画を読む若い世代にも障がい者に対する知識を
持ってもらうきっかけにもなる作品なのではないでしょうか。

 

たくさんの困難が待ち受けている二人の恋路が
どうなっていくのか続きを楽しみに待ちたいと思います。

 

パーフェクトワールド プチキスを読んでみるならこちら

 

サイト内より【パーフェクトワールド プチキス】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です