愛シタイ愛サレタイのネタバレと感想!試し読みやあらすじもあり


この記事は約 6 分で読めます。



ささきゆきえ先生の作品の愛シタイ愛サレタイ。

 

男の子の優しい言葉が大好きでいつもダメ男に捕まってしまう
大学生のゆうなは大好きな涼との付き合いに不安を感じていました。

 

そんな恋人の行動を友達のマコと孝之介に相談するのですが
ダメ男に引っ掛かっていることを指摘されてしまうのです。

 

ある日、ゆうなは孝之介が告白されている現場を目撃してしまい
孝之介の好きな人が身近な人だと知ってしまい・・・。

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク… お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【愛シタイ愛サレタイ】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

愛シタイ愛サレタイを無料で立ち読み

 

愛シタイ愛サレタイのあらすじは?

 

残念なくらいに男運のないゆうなは合コンで知り合った
優しい言葉をくれる涼と恋人同士です。

 

たくさんデートをしたいゆうなですが
涼との都合が全くつかずせっかくホテルに入って愛し合っても
すぐにそっけなくされてしまいゆうなを待つことなく
先に帰ってしまう涼に不安を感じてしまいます。

 

愛シタイ愛サレタイ
愛シタイ愛サレタイ

 

男の子ってなんでそうなのかと疑問を投げかけるゆうなですが
サークルの友達・マコと孝之介からは
ダメ男に捕まってばかりだと指摘されてしまうのです。

 

そんなとき偶然にも孝之介が告白を拒否している現場に
遭遇してしまうゆうなは孝之介の好きな人が気になってしまい
孝之介に探りを入れるのですが・・・。

 

冗談でマコのほうを見る孝之介の行動を本気に受け取り
ふたりを応援することにするのですが・・・。

 

愛シタイ愛サレタイを読んでみる

 

サイト内より【愛シタイ愛サレタイ】と検索。

 

愛シタイ愛サレタイのネタバレとその後の展開は?

 

マコにさりげなく孝之介の高感度を聞くと
悪くないことがわかったゆうなですがなぜかモヤモヤと
複雑な気持ちになってしまいます。

 

そんな矢先、恋人の涼が訪ねてくるなり
ゆうなに奉仕させるのですがそんな涼の行動に
本当に愛されているのか疑問に思ってしまうゆうな。

 

そんなゆうなは涼に付き合って半年の記念日に
一緒においしいものを食べに行く約束を取り付けます。

 

しかし記念日当日に涼に連絡を取ると
デートの約束をすっかり忘れられてしまい
やけになったゆうなは孝之介を連れてマコが誘ってくれた
飲み会に参加することにするのです。

 

飲み過ぎて散々愚痴を孝之介に溢したゆうなは
終電を逃した組と一緒に孝之介を連れて
友達のマモルくんの家に泊まることになるのですが・・・。

 

愛シタイ愛サレタイ
愛シタイ愛サレタイ

 

そこで偶然にもマコとマモル君が付き合っていることを知り
尚且つエッチまで始めてしまい気まずくなってしまいます。

 

隣で眠っている孝之介が起きないか心配になるゆうなは
寝不足のまま孝之介と帰宅することになるのですが
帰宅途中で今度は知らない女の人と歩いている
涼と鉢合わせをしてしまうのです。

 

ゆうなが問い詰めようとすると
涼はひどい言葉をゆうなに投げつけるのです。

 

そんな涼に掴みかかる孝之介をゆうなは泣きながら
止めに入って孝之介とその場を後にするのです。

 

そして優しくしてくれる孝之介のことを
好きになってしまいそうだと笑うゆうなに
孝之介が優しく抱きしめてくれて・・・。

 

愛シタイ愛サレタイを試し読みしてみる

 

サイト内より【愛シタイ愛サレタイ】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

愛シタイ愛サレタイの感想は?

 

ダメ男ばかりと付き合ってしまうゆうなの
男運のなさには本当に同情してしまいます。

 

ですがそもそも見る目がないのかもしくは女の子を弄ぶ
男の人が悪いのか・・・難しい問題です。

 

そしてどうやら孝之介はずっと前からゆうなのことを想っていたらしく
いままで良くゆうなの行動に耐えてきたなと本当に感心しました。

 

ゆうなにとっては失恋の記念日になってしまった日ですが
孝之介との付き合いで幸せな記念日に
塗り替えてもらえたら素敵だなと感じました。

 

愛シタイ愛サレタイ
愛シタイ愛サレタイ

 

そんな「愛シタイ愛サレタイ」ですが
なんと5作品の短編が詰まった短編集なのです。

 

どの作品も読み応えがたっぷりとあってとても満足できる一冊です。

 

しかしどの作品も登場する女性は
ダメ男に引っ掛かってばかりの悲しい女性で・・・。

 

みんな幸せになってくださいと願いながら
個人的に胸を痛めて読んでいました。

 

いい出会いに恵まれて欲しいものです。

 

そんな作品がたくさん詰まった
「愛シタイ愛サレタイ」を是非、読んでみてください。

 

愛シタイ愛サレタイを読んでみるならこちら

 

サイト内より【愛シタイ愛サレタイ】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
幼馴染はもうやめた。 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です