ハイキューのネタバレと感想!アニメや舞台の原作の試し読みやあらすじもあり


この記事は約 6 分で読めます。



古舘春一先生の作品のハイキュー!!

 

「落ちた強豪、飛べない烏」

 

かつては全国大会まで出場した烏野高校で
再び全国大会出場を目指す男子バレー部。

 

そこには中学時代に惨敗したコート上の王子様と呼ばれる
影山飛雄の姿もあり――・・・。

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク… お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【ハイキュー】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ハイキューを無料で立ち読み

 

ハイキューのあらすじは?

 

目の前に立ちはだかる高い高い壁。

 

その向こうはどんな眺めだろうかどんな風に見えるのだろうか。

 

「頂の景色」俺独りでは決して見る事の出来ない景色
でも独りではないのなら見えるかもしれない景色。

 

中学3年でようやく公式戦に出る事が叶った日向翔陽。

 

とは言っても正式なバレー部員は3年生の日向と
1年生の3人だけで友人2人に助っ人を頼み試合に臨みます。

 

ハイキュー!!
ハイキュー!!

 

しかし初戦で当たる学校は「コート上の王様」の異名を持つ
影山飛雄がいる優勝候補筆頭の中学校。

 

案の定圧倒的点差で負けましたがボールが床に落ちるまで
諦めずに戦った日向に影山もまた最後まで本気で戦いを挑むのです。

 

「お前は三年間何やってたんだ!?」

 

そして試合が終わった直後、影山は日向に重い台詞を浴びせるのでした。

 

春になり日向はずっと志望校に決めていた烏野高等学校に進学します。

 

もちろんバレー部に入部届を出し県内屈指の強豪校に進学したであろう
影山飛雄にリベンジすべく張り切って体育館へ向かいますが
そこにいたのはいるはずのない影山飛雄本人なのでした。

 

ハイキュー!!を読んでみる

 

サイト内より【ハイキュー】と検索。

 

ハイキューのネタバレとその後の展開は?

 

野球もバスケもサッカーも大好きだった小学生の日向は
ある日テレビで見た「小さな巨人」に心を奪われます。

 

小柄なのに相手を翻弄する「背の順」でいつも一番前の日向は
こんな風になれたらカッコいいなと思います。

 

中学ではバレー部にと思いますが男子バレーは人数が少なく
愛好会しかありませんがそれでもバレーをしたい日向は
体育館の隅っこ、グランドの隅っこ、渡り廊下で一人練習をします。

 

勢いで始めて意地になって続ける・・・。

 

最初はそんな感じだった日向ですが何百回の失敗の中の
一回の成功がちょっとずつ楽しさに変わってくるのでした。

 

そして中学3年になり念願の1年生がバレー部に入部してきます。

 

友人2人に頼み最初で最後の公式戦に出る事が出来たのですが
しかし初戦で当たるのは優勝候補の中学校。

 

そして日向は「コート上の王様」の異名を持つ
影山飛雄と運命の出会いをするのです。

 

ハイキュー!!
ハイキュー!!

 

試合は負け悔しい思いをする日向ですが
それを糧に彼は志望校だった烏野高等学校に進学します。

 

もちろんバレー部に入部希望を出し
意気揚々と体育館に向かいますが
そこにいたのはまさかの影山飛雄だったのです。

 

思わずなんでお前がいると大声を出す日向ですが
影山もまた日向の事を覚えていたのです。

 

何故烏野にいるんだと問う日向に
県内一の強豪校には落ちたと影山は言います。

 

コート上の王様なのにと驚く日向ですが
影山はその呼び方やめろと睨みます。

 

そこへ3年生の主将の澤村、副主将の菅原
そして二年の田中が部活へやってきます。

 

自己紹介をする日向と影山ですが相容れぬ2人は喧嘩を始めます。

 

澤村のやめろと言う忠告も無視して
勝手にボールの打ち合いを始めますが
これがきっかけで澤村の逆鱗に触れ
こう言われてしまうのです。

 

「互いがチームメイトだと自覚するまでは部活には一切参加させない」

 

二人は不本意ながらもどうすれば部活に
参加させてもらえるか考えますが・・・。

 

こうして日向翔陽、影山飛雄の高校バレーが始まったのです。

 

ハイキュー!!を試し読みしてみる

 

サイト内より【ハイキュー】と検索。

 

ハイキューの感想は?

 

今までもスポーツを題材にした漫画は読んできましたが
久しぶりに読んでいて胸が熱くなりました。

 

最初は中々登場人物の名前と顔が一致せず苦労しましたが
何度も読み返す内に内容にも引き込まれていきました。

 

ハイキュー!!
ハイキュー!!

 

主人公の日向は正しく主人公然としていて読んでいて感情移入でき
そして私もこの頃に戻って運動部に入ってみたいと思ってしまいます。

 

何か一つに情熱を注げる若さが羨ましくてたまりません。

 

自分が小さい事を弱みにしないただひたすらに
「頂の景色」を求める日向にグッとくる事間違いなし!

 

ハイキュー!!を読んでみるならこちら

 

サイト内より【ハイキュー】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です