ドSシークと囚われ姫のネタバレと結末に感想!試し読みやあらすじもあり


この記事は約 6 分で読めます。



霜月星良先生の作品のドSシークと囚われ姫。

 

突然、小国の王の24人目の妃に選ばれてしまった紫音は
国王の側近に拉致されてしまい気がつくと船の中にいました。

 

体は縄で縛られて身動きが取れない中
日本刀のようなもので脅されてしまう紫音は
逃げることが出来なくなってしまいます。

 

そして自分が国王の妃として世継ぎを生まなければならないという
現実を認めることが出来なくて・・・。

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク… お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【ドSシークと囚われ姫】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ドSシークと囚われ姫を無料で立ち読み

 

ドSシークと囚われ姫のあらすじは?

 

砂漠の小国であるガトランカ王国の43代国王であるシャナは
世継ぎを残すために毎夜たくさんいる妃を抱くのですが
一向に世継ぎが出来る様子はありませんでした。

 

そこへ世界一安産型の女性を見つけたという知らせが入り
従者である雅臣は24人目の妃である有馬紫音を迎えに日本へ向かいます。

 

ドSシークと囚われ姫
ドSシークと囚われ姫

 

幼稚園の先生をしていた紫音が買い物をして帰ろうとすると
複数の男性たちに強引に拉致されてしまい
気がついたときには船の中で大きな柱に繋がれていました。

 

食事を持ってきた雅臣に通常では考えられない方法で
縄を解かれた紫音は雅臣から自分が連れ去られた
目的を教えてもらうのですがあまりに自分勝手な目的に
怒りを抑えられず暴れてしまいます。

 

すると雅臣が持ってきた食事がひっくり返ってしまい
その瞬間に雅臣の表情がガラリと変わり
紫音は殺されかけてしまい――・・・。

 

ドSシークと囚われ姫を読んでみる

 

サイト内より【ドSシークと囚われ姫】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

ドSシークと囚われ姫のネタバレとその後の展開は?

 

脅されて身動きすれば首が落ちてしまう状況で紫音は雅臣に
体のチェックをされてしまい衣類を破かれてしまいます。

 

初めての相手が好きでもない男性で涙を流してしまう紫音ですが
雅臣は容赦なく紫音の初めてを奪ってしまうのでした。

 

国王シャナの元に連れて行かれた紫音は
すぐにシャナに体を預けなければならなくなります。

 

しかし緊張のためか全く反応しない体に見かねた雅臣は
紫音の口の中に媚薬を流し込み
世継ぎを作るための行為をされてしまうのでした。

 

国王であるシャナに抱かれても喜ばない紫音に
興味を持ったシャナはその日から
紫音に本気で執着を持つようになるのです。

 

そして3ヶ月で紫音の心がシャナに傾かなければ
家に帰すという条件で紫音はシャナとの生活を
余儀なくされてしまったのでした。

 

ドSシークと囚われ姫
ドSシークと囚われ姫

 

鳥かごのような場所に大きなベッドが
ひとつだけ置かれた場所に監禁されてしまった
紫音の気持ちなど全く理解できないシャナは
どうしたら紫音が喜ぶのかを考え
雅臣の提案で花を摘むことにします。

 

しかし紫音はシャナの帰りを待つことなく
逃げ出してしまうのです。

 

偶然、雅臣に発見された紫音ですが
自力で逃げ出すにはこの国は治安が悪すぎて
鳥かごの中で生活をしていたほうが安全だと雅臣に言われ
シャナの元に連れ戻されてしまいます。

 

怒りに満ちたシャナは逃げ出した紫音に
綺麗なペンダントをプレゼントするのですが
それは爆弾が仕込まれたものでした。

 

同じペンダントをつけた大きなぬいぐるみが
爆発する瞬間を見てしまった紫音は今度こそ本当に
城から出ることは出来なくなってしまったのです。

 

そしてシャナの逆鱗に触れてしまった紫音は
そのままお仕置き部屋に連れて行かれ
体中に媚薬を塗られてしまい
服従を意味する言葉を求められるのですが
紫音はそれには応じません。

 

その結果、そのままうずく体を放置されてしまい・・・。

 

ドSシークと囚われ姫を試し読みしてみる

 

サイト内より【ドSシークと囚われ姫】と検索。

 

ドSシークと囚われ姫の感想は?

 

いきなり拉致されてしまう紫音は
愛情がどういったものなのかを理解できていないシャナに
振り回されてしまい感情を乱されてしまいます。

 

この作品では主人公の紫音の心の移り変わりが
とても分かりやすく描かれているところがとても印象的で
絵もとても綺麗でとても読みやすい作品でした。

 

ドSシークと囚われ姫
ドSシークと囚われ姫

 

個人的には雅臣のとてもダークな一面が好きでしたが
紫音に出会ったことで変わっていく
シャナの純粋なところも捨てがたくて・・・。

 

最後まで一気に読んでしまう作品ですので
興味がある方は是非読んでみてはいかかでしょうか。

 

とてもおすすめの作品です。

 

ドSシークと囚われ姫を読んでみるならこちら

 

サイト内より【ドSシークと囚われ姫】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です