マージナル・オペレーションのネタバレと感想!無料試し読みやあらすじもあり


この記事は約 6 分で読めます。



芝村裕吏先生・原作、キムラダイスケ先生・漫画の作品の
マージナル・オペレーション。

 

再就職先は軍事関係?

 

紛争や戦争とは無縁の平和な国に生まれ育ったはずなのに
職を失い再就職したら突然世界が変わってしまいました。

 

無自覚に軍戦略に関わってしまっていたと知ってしまったとき
それを受け入れられるのか・・・それとも・・・?

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク… お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【マージナル・オペレーション】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

マージナル・オペレーションを無料で立ち読み

 

マージナル・オペレーションのあらすじは?

 

アラタがいつものように出社すると社長の夜逃げが発覚。

 

会社の柱に張り紙、そこに短文でかかれたのみで
倒産を知る社員たちは自社の経営が
危なかったことを知らなかったようなのです。

 

困惑し給料の支払いへの不安でざわつく中
アラタは冷ややかにその現実を受け止めるのでした。

 

こうしてアラタは再び職を失ってしまったのです。

 

人が行き交う中、淡々と職を失ったことを実感して失意に落ちていき
この会社に入社するまでの経緯を振り返ます。

 

マージナル・オペレーション
マージナル・オペレーション

 

7年のニート生活を得てやっと就職した会社でしたが
会社の上司との関係はよくありません。

 

上司からの指摘を真摯に受け止めることができない人なのです。

 

その上司がいなくなる前に
会社そのものが無くなってしまう・・・
最悪な状況に追い込まれます。

 

この失業からアラタの人生は大きく変わっていくのです。

 

彼が次に選んだ就職先が自由戦士社で
軍事関係の会社らしいです。

 

さてこの会社はなにをするところなのでしょう――?

 

マージナル・オペレーションを読んでみる

 

サイト内より【マージナル・オペレーション】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

マージナル・オペレーションのネタバレとその後の展開は?

 

無職になり傷心しているアラタの元に連絡が入り
飲み会に誘われていたことをこの電話で思い出して向かいます。

 

失業したことを伝えると集まった友達が
励ますとともに好きなゲーム業界にいけばと勧めますが
本人はあまり乗り気ではありません。

 

完全に無気力状態。

 

もう彼らも三十路で子供がいてもおかしくない年代だと話す中
結婚が決まったと報告する者が出てきます。

 

完全にひとり取り残されたような気持ちになっていくアラタ。

 

そんな彼が酔って帰宅し未経験者可となっていた
自由戦士社に応募をし面接を受けに行くことが決まります。

 

そこでのテストはネット経由でとある国の
死刑執行部に繋がっているそのスイッチを押すことでした。

 

ほとんどの人がためらう中、アラタは無表情で
そのスイッチを押して採用になります。

 

戦争をしている国に連れられ
そこで数週間の訓練を受けることになりました。

 

規則正しい生活リズム、しかし訓練といっても
ゲームをしているのと変わらないもの。

 

マージナル・オペレーション
マージナル・オペレーション

 

休日、娼館に連れられ慌てるアラタはとまどい
この時は娼婦とただ会話をして去りますが
後々、娼館が存在する意味を知るのです。

 

配属テストもまたゲーム感覚のようなものでしたが
実はすでに実践経験をさせられていたのでした。

 

自分の判断ひとつで命が消えていく・・・
そのことにアラタの苦悩は続きます。

 

この時になって娼館の存在
男が娼婦を買ってまで抱く意味を知るのでした。

 

女の温もり吐き出せない苦悩を聞いてくれる
娼婦の存在のありがたさ・・・。

 

しかしアラタはなかなか前に進むことができず
そんな彼に上官は最後通告を出したのでした。

 

ところが同じ境遇であるはずの日本からやってきた
キシモトは訓練を続けていて彼は戦争を
ビジネスと受け入れることで恐怖を払っていたのでした。

 

キシモトの姿を見て考えを聞きアラタは奮起し
気持ちの切り替えができたアラタを見て上官は決意し
アラタの配属先を決めたのでした。

 

配属先の上官は連絡を受け優秀ならいいと受け入れますが
アラタはこのまま戦争へと介入していくのでしょうか・・・。

 

マージナル・オペレーションを試し読みしてみる

 

サイト内より【マージナル・オペレーション】と検索。

 

マージナル・オペレーションの感想は?

 

アラタという人物に共感や感情移入するのは難しいでしょう。

 

物事に対し楽観的なところがありすぎます。
そのツケが後々彼自身に降りかかってくるあたりは
やや他人事では済まされないような気がします。

 

だからといって彼のように戦争に関われるかといえば難しく・・・。

 

マージナル・オペレーション
マージナル・オペレーション

 

読んでいるといろいろ考えさせられることも多く
一概に創作ものと片付けられないメッセージ性を感じられます。

 

きっと読まれた方それぞれに
感じるものが違ってくる作品だと思います。

 

マージナル・オペレーションを読んでみるならこちら

 

サイト内より【マージナル・オペレーション】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
幼馴染はもうやめた。 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です