ブラッククローバーのネタバレと感想!無料試し読みやあらすじも


この記事は約 7 分で読めます。



田畠裕基先生の作品のブラッククローバー。

 

魔法帝と魔法騎士団によって平和を保っているクローバー王国。

 

魔法がすべてであるこの世界で孤児の少年・アスタは
幼馴染のユノと共に魔法帝を目指し日々修行に励んでいました。

 

しかしそんなアスタに突き付けられたのは
あまりにも残酷な真実で・・・。

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク… お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【ブラッククローバー】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ブラッククローバーを無料で立ち読み

 

ブラッククローバーのあらすじは?

 

魔法帝と魔法騎士団によって平和を保っているクローバー王国。

 

魔法がすべてであるこの世界で孤児の少年・アスタは
幼馴染のユノと共に魔法帝を目指し日々修行に励んでいました。

 

しかしいつまで経っても魔法の一つも使えないアスタと引き換え
幼い頃は泣き虫で弱虫だったユノは
すでにあらゆる魔法を使いこなせるようになっていました。

 

15歳になり魔導書(グリモワール)が授与される日になれば
魔法も使えるようになるはずだとシスターは慰めますが
あまりの才能のなさに年下の子供からも
街の人々からも馬鹿にされる始末です。

 

そしてついに魔導書の授与式の日がやってきます。

 

次々と魔導書を手に入れる同い年の少年少女。

 

ブラッククローバー
ブラッククローバー

 

しかしその中でアスタの手元には
いつまで経っても魔導書は現れませんでした。

 

アスタは魔法が全てであるこの世界の中で
一切の魔力を持たない異端な存在だったのです。

 

おまけに彼のライバルであり幼馴染のユノは
四つ葉のクローバーが刻印された伝説の魔導書に選ばれ
アスタは同じように育ってきた彼との差に愕然とします。

 

しかしアスタはそのことで魔法帝となることを
諦めたりはしませんでした。

 

その思いに呼応するかのようにユノの魔導書を奪おうとした
賊と対峙したとき彼の手に真っ黒な魔導書が現れます。

 

五つ葉のクローバーが刻印されたその魔導書の力は
「反魔法の魔導書」魔力を無効化してしまう剣を出現させるそれは
魔力を一切持たないアスタにしか扱えない代物でした。

 

ブラッククローバーを読んでみる

 

サイト内より【ブラッククローバー】と検索。

 

ブラッククローバーのネタバレとその後の展開は?

 

五つ葉のクローバーが刻印された
「反魔法の魔導書」に選ばれたアスタ。

 

彼は改めてユノと共に魔法帝になることを約束しあいます。

 

その一歩を踏み出すため2人は
魔法騎士団入団試験会場へと足を運びます。

 

魔法帝の下に存在する9つの魔法騎士団
命をかけて民を守る彼らは民の憧れの存在でもありました。

 

しかし入団試験はほとんどが魔力の素養を必要とするものだったため
アスタはほぼなにもできないまま最後の戦闘試験に移ってしまいます。

 

反魔法で辛うじて最後の戦闘試験だけ
一目置かれる活躍をしたものの
ほかが全くダメダメだったため
彼を入団させてやろうという団は現れません。

 

高い戦闘能力を持っていようと魔法騎士に求められるのは魔力・・・
そうアスタはそう真正面から告げられますがそれでも自分は
いつか魔法帝になってみせると彼は目をそらさずに言い放ちます。

 

ブラッククローバー
ブラッククローバー

 

そんな彼を気に入った団「黒の暴牛」は
アスタを入団させることを決めますが
そこは他の団から厄介者扱いされるほど
個性的な面々が集められている団で・・・。

 

奇抜すぎる先輩団員たちに揉まれながらも
アスタはそこで戦っていくことを決意。

 

そんなアスタのことを最初こそ手荒く歓迎していた
団員達も面白いやつだと受け入れます。
さらにそこでアスタは自分と同期の団員がいることを知ります。

 

王族の生まれである少女・ノエル。

 

魔力量は申し分ないものの彼女はそのコントロールができないため
「黒の暴牛」に入団することになっていたのです。

 

最初はアスタのことを馬鹿にしている彼女でしたが
自分が暴走した時に助けてもらったことがきっかけとなり
彼や団員にも心を許し始めます。

 

しかしこの世界にはまだまだアスタたちが
しらない根深い闇があるようで・・・?

 

果たしてアスタは無事魔法帝になれるのでしょうか。

 

ブラッククローバーを試し読みしてみる

 

サイト内より【ブラッククローバー】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

ブラッククローバーの感想は?

 

ジャンプフェスタでアニメ化が発表されたことで
話題となっている本作。

 

内容としては典型的な剣と魔法の
バトルファンタジーという感じなんですが
これが読んでみると非常に面白かったです。

 

まだ発刊数が少ないこともあって
あっという間に全て読んでしまいました。

 

魔力のない少年がしかしそれだからこそ扱える反魔法を武器に
がむしゃらに戦っていく姿は非常に読んでいて気持ちがいいです。

 

頭を使う難しい漫画もいいですが
こういうわかりやすいストーリーのものも良いですね。

 

ブラッククローバー
ブラッククローバー

 

基本的には中身は明るいギャグテイストな感じですが
たまにこの世界の中にひしめく闇が見え隠れする感じです。

 

そこがまたたまらない。

 

キャラクターも基本的に味方サイドの子たちは
良い子ばかりで好感がもてます。

 

絵が非常にうまい作家さんなので
キャラは多い漫画ですが描き分けはできていますね。

 

幼馴染であるユノとは異なる団に入団し
さらにそのユノがいる団の団長がどうにも胡散臭く・・・
その辺りもこれからどうなっていくのかハラハラさせられます。

 

まだ謎が多い世界観ですが今後の展開が非常に楽しみです。

 

ブラッククローバーを読んでみるならこちら

 

サイト内より【ブラッククローバー】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
幼馴染はもうやめた。 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です