心が叫びたがってるんだのネタバレと感想!映画の原作の試し読みやあらすじもあり


この記事は約 6 分で読めます。



超平和バスターズ・原作、阿久井真先生・漫画の作品の
心が叫びたがってるんだ。

 

自分の気持ちを伝えなくなった少年・坂上拓実と
本音が言えない優等生・仁藤菜月に
ケガをした野球部のエース・田崎大樹。

 

そして他人と話す事が出来なくなった少女・成瀬順。

 

それぞれが心の中に仕舞い込んだまま
誰にも言えない想い、悩み、葛藤、過去の傷。

 

あふれそうなものを抱え生きる中
彼ら4人の過去が複雑に絡み係わりあう青春群像劇。

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク… お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【心が叫びたがってるんだ】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

心が叫びたがってるんだを無料で立ち読み

 

心が叫びたがってるんだのあらすじ!誰にも言えない気持ち

 

揚羽高校に通う2年生の坂上拓実は
どこかクールな性格の少年です。

 

幼い頃に自身の教育方針を巡って両親が離婚し
父親に引き取られますがその父親は多忙を理由に
拓実は祖父母と暮らすようになりました。

 

父親の影響でピアノなどの演奏が得意でしたが
両親の離婚の一因と感じ様々な思いを隠しながら
音楽から遠ざかるようになるのです。

 

拓実のクラスメイトである成瀬順は幼い頃のトラウマにより
声を出して話すと腹痛を起こしてしまう少女でした。

 

心が叫びたがってるんだ。
心が叫びたがってるんだ。

 

学校内で誰かと“会話”をする場合には文章か
携帯メールでの対話を手段とするしかありません。

 

そのためクラスメイトや周りからは
“変な人”と思われてしまいます。

 

チアリーダー部の部長を務めクラスの女子の
中心的存在であり優等生の仁藤菜月。

 

甲子園まであと一歩の時にケガをし
チームが敗退してしまった野球部の元エース・田崎大樹。

 

4人それぞれが誰にも言えない思いを
胸に秘めながら日々過ごしていたとき
担任から「地域ふれあい交流会」の
実行委員へと任命されてしまうのです。

 

実行委員会を通して互いの思いや傷付いていた
自分の心と向き合い、叫ぶ、青春ストーリー。

 

心が叫びたがってるんだを読んでみる

 

サイト内より【心が叫びたがってるんだ】と検索。

 

心が叫びたがってるんだのネタバレ!それぞれが抱える心の傷

 

自分のせいで両親が離婚したとのトラウマを抱える拓実は
ある意味で大人に傷付けられてしまった被害者でした。

 

しかし言葉を話すと腹痛を起こし
結果として喋れなくなった順はもっと深刻かつ
残酷な被害者だったのです。

 

順は幼い頃に山の上のお城に憧れていましたが
その建物とは実はラブホテルでした。

 

お城にはお姫様と王子様が居ると思っていた順は
ある日そこから父親と見知らぬ女性が
出てくるのを見掛けてしまいます。

 

意味が解らずにいた当時の幼い彼女は
それを自分の母親へと「王子様とお姫様」の
物語として話してしまうのです。

 

その事が切っ掛けで両親は離婚し別れ際に父親から
「全部お前のせいだ」と攻めら手えしまいます。

 

ショックでうずくまりながら泣く順の前に
“玉子の妖精”が現われ順のおしゃべりが招いた不幸を理由に
彼女の「おしゃべり=言葉」を封印してしまいました。

 

心が叫びたがってるんだ。
心が叫びたがってるんだ。

 

大人たちにより傷付けられた拓実と順。

 

ふたりはそれぞれ違う理由と形ではありますが
それぞれの胸のうちに吐き出す事が出来ない
赦されないという思いを抱いていたのです。

 

一方、彼らと同じ実行委員会のメンバー・菜月は
中学の頃に拓実と付き合っていましたが
その関係はうやむやのままよりを戻せずにいました。

 

また委員長を務める大樹は自分の故障のせいで
野球部が甲子園に行けなかったこと
そして後輩らが自分を“ポンコツ”呼ばわりし
煙たがっているのを知りながら
悶々とした日々を過ごしていたのです。

 

そんな彼らが実行委員会の出し物である
ミュージカルを通して
自分たちの思いを「叫ぶ」のでした。

 

心が叫びたがってるんだを試し読みしてみる

 

サイト内より【心が叫びたがってるんだ】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

心が叫びたがってるんだの感想!かけられた魔法を解く方法

 

幼い頃のトラウマにより話す事が出来なくなった順ですが
家でひとりなら歌うことが出来ました。

 

そんな順は自身の思いを歌で語りたいと拓実に頼みます。

 

何故なら順にとって拓実は“王子様”だったからです。

 

自分の思いをキチンと話せるようになりたいと願う順は
拓実に救ってもらいたかったのかもしれません。

 

ですが彼女は幾つもの苦しみや悲しみを乗り越えます。

 

心が叫びたがってるんだ。
心が叫びたがってるんだ。

 

そして自分を救うのは拓実という王子様ではなく
自分自身が玉子の殻を破り傷付くばかりのこの世界に
立ち向かう“勇気”なのだと気付くのです。

 

まだまだ拙く危なげな高校生たちが
勇気を持って自身の思いと向き合う物語。

 

それがこの『心が叫びたがってるんだ。』なのです。

 

皆さんもこの作品で順や拓実たちの
“心の叫び”に耳を傾けてみて下さい。

 

心が叫びたがってるんだを読んでみるならこちら

 

サイト内より【心が叫びたがってるんだ】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
幼馴染はもうやめた。 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です